カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. >
  5. 生まれつきの足の歪み「外反足」

育児

生まれつきの足の歪み「外反足」

 

外反足とは生まれつきに足の歪みが出る疾患です。

足の踵が内側に倒れ、つま先が反り返ってしまう症状で、多くの場合扁平足を合併しています。

生まれつきと言っても、骨の形成からゆがんでいるわけでは無く、子宮の中での姿勢がゆがんでいたために、外反足となってしまった場合がほとんどです。

そのため、早期に矯正すればすぐに完治しますし、放置していても多く自然治癒します。

ですが、中には自然治癒することも無くそのまま成長してしまう場合もあります。

その場合は成長するほどに治療が難しくなり、最後には手術で治すしか無い骨の変形となってしまうのです。

■子どもの外反足

●筋肉と靱帯の未熟

赤ん坊の時点で筋肉と靱帯が未熟で弱いため、子宮内などでの姿勢が歪み、ゆがんだ姿勢のまま足が反り返ったままになってしまうというのが外反足の原因として多くあります。

●自然治癒

原因が筋肉と靱帯の未熟であるため、赤ん坊の成長と共に、筋肉も靱帯も発達し、多くの場合外反足はその時点で自然治癒することが殆どです。

●治らない場合

多くの場合は自然に治ると言っても、なかなか治らない場合もあります。その場合は、裸足で芝生などを歩かせ遊ばせるなど、意識して足の筋肉を鍛えることで治癒を促すことも可能です。

●手術

何年経っても矯正できない場合は、手術による外反足を治療する場合もあり得ます。

 

外反足は、生まれつきの足の変形ですが、殆どの場合が自然治癒し、自然治癒しなくても裸足で遊ばせるなど簡単な矯正で完治できる軽い疾患です。

もちろん少ない可能性として、矯正できずに手術する可能性もありますが、早期から医者と相談し、段階を踏んで矯正を進めていけばそこまで悪化することもまず無いでしょう。

(Photo by: http://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

放っておいても大丈夫!? 気になる子供の巻き爪、受診の目安と対処方法

    幼児期の爪は、大人の爪と比べると、とても柔らかく非常に薄くデリケ...

子どもの内または危険?小学校に上がっても、内またが治らない場合には注意が必要!

  子どもの中には歩くときや立っているときに内またになってしまう子がいます。 ...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る