カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 外反母趾 >
  5. ハイアーチが引き起す諸症状

気になる病気・症状

ハイアーチが引き起す諸症状

 

足の土踏まずが極端に高くなってしまうハイアーチは、立ったり歩いたりする負担が踵と、足の親指と小指付近に集中してしまうようになります。
その負担の偏りが足の様々な疾患を引き起してしまうようになるのです。

また足の裏の疾患だけにとどまらず、体重の支えが不安定化することで、体軸周辺の部位への負担もバランスが失われ、ふくろはぎから腰などへの疾患の原因ともなります。

■ハイアーチによる主な症状


●親指と小指の付け根のタコや角質
ハイアーチとなり身体の体重を支えるのが、踵と親指と小指の三点だけとなり、親指と小指の負担が増加し、大きなタコや角質ができ、部分的に大きく膨れあがることにもなります。

●足底筋膜炎
足への負担が極端に偏り、足の裏全体に膜を張ったような炎症が引き起こる足底筋膜症を合併することも考えられます。
この足底筋膜症の痛みは特に起床時に強く出るのが特徴です。

●踵骨棘
踵へ負担が集中することで踵の骨に棘状の突起が生じ、歩く度に踵が痛くなります。
痛みは長期間続きますが、一応自然治癒する疾患です。

●ふくろはぎへの負担
足のアーチの本来のスプリング機能が失われているので、ふくろはぎへの負担が大きくなり、疲れやすく頻繁につるようになってしまいます。

●ひざや腰への負担
歩く際の衝撃を足のアーチがうまく吸収できなくなっているので、ひざや腰への負担も増大し、骨の変形や姿勢の悪化、その他の疾患のリスクを高めてしまうのです。

タコや魚の目だけで無く、足底筋膜炎や、踵骨棘によって歩くことに問題が発生します。
そして歩行による負担が偏ることで、ふくろはぎやひざ、腰への疾患リスクを増大させることとなるのです。
これだけ足のアーチ状のスプリング機能は人体の姿勢に重要な役割を持ち、ハイアーチのような疾患は可能な限り予防し、迅速に改善する必要があります。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/726?title=%E8%96%AC%E3%82%92%E9%A3%B2%E3%82%80%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%A2%E7%94%B7%E6%80%A72)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外反母趾に関する記事

外反母趾の進行と角度

  外反母趾は最後にはまるで脱臼したかのような状態まで曲がってしまう足の骨の変...

治療法いろいろ!外反母趾の保存療法

  外反母趾は進行しないように、日々のケアが大事です。手術でない治療を行う場合...


足裏に汗をかきやすい人は靴ずれしやすい!?靴ずれを防ぐ4つのステップ

   靴擦れとは読んで字のごとく、靴が擦れてできるものです。水ぶくれになったり、...

O脚から合併する内反小指

  内反小指は、足の指先に集中する体重の負担が偏ることによって起こる足の変形で...

カラダノートひろば

外反母趾の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る