カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 外反母趾 >
  5. ハイアーチを予防し、改善する

気になる病気・症状

ハイアーチを予防し、改善する

ハイアーチは単に足の形状がゆがむだけの疾患ではありません。足のアーチ状の土踏まずは、体重を支える上で必要不可欠な重要な役割を持っているのです。

 

アーチによるスプリング機能が無ければ、人の体重の負担を支えきらず、主に体軸に沿って様々な疾患を招き寄せてしまうリスクが高まってしまうでしょう。

 

ハイアーチは早期に改善する必要があり、また可能な限り予防対策を立てて避けなければならない疾患なのです。

 

■ハイアーチの予防改善

1.足の裏と指の運動

●長腓骨筋と短腓骨筋を強化

ハイアーチとなるのは長腓骨筋と短腓骨筋が弱体化することで発症します。足の裏と足の指を適度に運動させ鍛えることで、ハイアーチを予防、症状を改善することが可能です。

 

2.タコや魚の目の除去

ハイアーチになると足の裏に負担が増え、同時にタコや魚の目が増えてしまいます。このタコや魚の目の痛みによって歩く際の姿勢がさらに悪くなり、ハイアーチが悪化する原因となるのです。

 

可能な限り早急にタコや魚の目の除去を優先し、正しい姿勢で歩き、正常な負担が足の裏に掛かるように気をつけましょう。

 

3.正しい歩き方

正しい姿勢で、踵が地面に接触したら、ゆっくりと足の裏全体を地面につけるような歩き方を心がけ足のアーチの機能を十分に発揮させる歩き方が正しい歩き方です。この歩き方ならばハイアーチを予防し、改善することが可能となります。

 

4.足に合った靴の中敷き

一人一人足形を取り、個人に最適な形の靴の中敷きを作ることで、ハイアーチによる負担と痛みを分散、保護し、ハイアーチの症状が悪化することを予防します。

 

5.手術

ハイアーチも重度となると、足の底の腱膜や中足骨を切除する手術で治療する必要が出てきます。

 

ハイアーチの予防は正しく歩き、タコや魚の目ができればすぐに除去、そして念のために足の適度なマッサージや運動を加えることで万全となります。日頃からそれらを意識して行っていれば、重度のハイアーチになり、手術をしなければならないような事態を回避することはそう難しくないはずです。

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外反母趾に関する記事

足のアーチがゆがむハイアーチとは?

靱帯の全体重を支える足の裏には、体重の負担を緩和するためアーチ状の形状を形作っ...

外反母趾のためのハイヒール選び

  外反母趾かもしれない。でも、仕事場でハイヒールしか履けないし・・・。という...


足の筋肉のバランス悪化で扁平足に!

  身体を支える足の土踏まずのアーチが無くなることを扁平足と呼びます。 この扁...

足の指を鍛えてハンマートゥを予防

  足の指が曲がった状態で固定するハンマートゥは足の腱と筋が衰え、不均衡を起こ...

カラダノートひろば

外反母趾の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る