カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 外反母趾 >
  5. 長時間歩くことで症状が現れる扁平足

気になる病気・症状

長時間歩くことで症状が現れる扁平足

 

扁平足は足の土踏まずのアーチが無くなる疾患です。
立っている状態の時に足が平べったい状態となるだけで、初めは全く他の症状が無いため、気づいても軽視され、治療されないことも多くあります。

しかし、土踏まずのアーチは人体が体重を支えるために重要な役割を持った構造です。
そのアーチが無くなった状態で立ったり歩いたりすると言うことは、人体に想定外の負担が掛かってしまうと言うこととなります。

短時間の歩行などでは無症状でも、長時間歩くなどの負担を蓄積することで、扁平足の症状は現れるようになるのです。

■扁平足の症状


●基本的には無症状
扁平足は、基本的に目立った症状はありません。土踏まずの無い状態でも、平常時であれば何も問題は無いため、気づかない人も多いほどです。

●歩くなどの負担で症状が現れる
長時間歩いたり立続けたりすると、負担が強くなり扁平足かそうでないかがはっきりと表の症状に現れるようになります。

1.足が疲れやすい
扁平足の人は、通常の人よりも足が疲れやすくなっており、長時間の負担で他の人より疲れが激しく、痛みも伴うようになります。

2.歩き方が悪くなる
扁平足によって足が疲れ痛みやすく、歩くごとに歩き方が通常の人とは違ったものへと変化しやすくなっています。
歩き方が変わるということは、扁平足の形状に歩き方が適応しているとも言えますが、それによって扁平足の状態が固定され、治りにくくなってしまうのです。

疲れやすく、歩き方が悪くなるなど一見たいしたことが無いように思われるかもしれません。
ですが、負担が増大した状態をそのままにすることでその影響は足だけで無く腰回りなどにも影響を及ぼすことは確実です。
無症状でたいしたことないと思っても、できるだけ早く扁平足は治療しなくてはなりません。

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/1891)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外反母趾に関する記事

気に入った靴で靴ずれを起こしたくない!靴ずれを起こさない靴選び4パターン

   誰もが味わったことがあるであろう靴擦れは、本当に嫌ですよね。痛いですし、新...

知っていますか?内反小指

足の親指が曲がってしまう外反母趾はある程度有名ですが、小指が内側に曲がってし...


足に合わない靴はハンマートゥを引き起こす!

  足先が丸まったように、足の指が曲がったままになってしまう状態をハンマートゥ...

足の筋肉のバランス悪化で扁平足に!

  身体を支える足の土踏まずのアーチが無くなることを扁平足と呼びます。 この扁...

カラダノートひろば

外反母趾の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る