カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 熱中症 >
  5. 熱中症の予防に「暑さ指数」は知っておくべき大事な数値!

気になる病気・症状

熱中症の予防に「暑さ指数」は知っておくべき大事な数値!

暑さ指数は、その時点での気温や湿度、日照の強さによって導き出された熱中症のリスクを示す指数です。激しい運動を行う方、屋外での作業が多い方は、特にこの暑さ指数に気をつけなければなりません。

 

夏の暑さが年々厳しくなり、暑さ指数に合わせた万全の熱中症対策が必要とされてきています。暑さ指数は運動指針として、日本体育協会にも取り入れられています。

 

■暑さ指数の運動指針

暑さ指数はその数値によって警戒レベルが指定されており、暑さ指数を参考にすることで熱中症のリスクを回避することができるように日本体育協会が作成した運動指針があります。

 

●暑さ指数31以上

皮膚温度より気温が高く、身体から熱を逃がすことができない危険な状態です。原則的に運動は禁止の状態となります。

 

●暑さ指数28以上31未満

運動は禁止ではありませんが、熱中症の危険が高いので激しい運動は避けた方が良い指数です。体力が低く、暑さに弱い人などは運動を制限し、急速と水分補給が推奨されます。

 

●暑さ指数25以上28未満

通常警戒レベルです。熱中症を予防するため積極的に休息し、水分を補給することが求められます。

 

●暑さ指数21以上25未満

場合によっては熱中症のリスクが発生するレベルです。この数値から熱中症の兆候に注意する必要が出てきます。

 

●暑さ指数21以下

ほぼ安全なレベルです。よほど激しい運動を、休息も水分補給もせずに敢行しないかぎり、熱中症の心配はありません。

 

暑さ指数が熱中症対策として有効だと言うことは、単純に気温だけでは熱中症リスクははかれないと言うことでもあります。

天気予報の気温の高さだけに注意するのでは無く、環境省の発表する暑さ指数にも注意することがこれから求められます。

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

熱中症に関する記事

濃い黄色い尿、めまいや立ちくらみ、筋肉の痙攣など…自分で判断しやすい脱水の症状

   脱水症状については知っていても、自分が脱水症状になっていると気づくことは...

真夏のゴルフで気をつけて!熱中症にならないためにすべきこと

ゴルフはとても楽しいスポーツです。高齢者だけでなく、最近では若者の関心も高まっ...


暑さ指数「WBGT」って知ってる?数値されてわかりやすい暑さ指数を活用しよう!

熱中症対策の必要性が高まる中、熱中症のリスクを知らせる暑さ指数、WBGTが用い...

暑さ指数を確認するなら環境省熱中症予防情報を活用しよう!

気温だけで無く、湿度や日照の強さによって導き出された暑さ指数は、熱中症対策に非...

カラダノートひろば

熱中症の関連カテゴリ

熱中症の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る