カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠中 >
  4. 睡眠時のよだれ対策には鼻呼吸が効く!

不眠・睡眠障害

睡眠時のよだれ対策には鼻呼吸が効く!

 

睡眠時のよだれは、眠っているときの症状なので意識して直すことが難しい問題です。
その睡眠時のよだれの原因をきちんと把握することで、その難しい問題も、解決策が見いだせます。
それは呼吸の問題です。

睡眠時によだれとなる大量の唾液が分泌されるのは、口内を乾燥させる口呼吸が原因なのです。
この原因である口呼吸を、鼻で呼吸する鼻呼吸に改善することで、睡眠時のよだれは大幅に解消できることになるでしょう。

■よだれ対策に鼻呼吸 


●鼻呼吸
鼻呼吸で外気を取り込むことで、外気に含まれる細菌やウィルスを取り除いた正常な外気を取り込むことができます。
逆に口呼吸はそうした有害のものをそのまま体内に取り込んでしまうリスクがあるのです。
鼻呼吸には、口内の乾燥を防ぎ、よだれのとなる唾液の分泌を抑制する効果も期待できます。

●口呼吸を改善して鼻呼吸に
1.顎を鍛える
食べ物を良く噛む習慣を付けることで、顎の筋肉を鍛え、睡眠時も口を閉じたまま、鼻呼吸で過ごせるようになれます。

2.鼻炎や鼻づまりを無くす
鼻炎や鼻づまりは鼻呼吸を阻害し、口呼吸を習慣づけることになってしまいます。
鼻炎や鼻づまりは習慣づく前に早期に治療する必要があるでしょう。

3.枕の高さを調節する
枕が高く過ぎると、気道が狭くなり、狭い気道で呼吸するために口呼吸に移行してしまいます。
いびきの原因ともなるため、枕は適切な高さのものを用意しましょう。

4.鼻呼吸を意識する
日常的に鼻呼吸を意識して、口呼吸をしないよう心がけることが大事です。

口呼吸から鼻呼吸に改善することで、外の空気を鼻の中の鼻毛や粘膜というフィルターを通すことになり、多くの細菌やウィルスを防ぐ事になります。
よだれ自体は健康を害するものではありませんが、よだれを予防する鼻呼吸に細菌を防ぐという効果が付いてくるのです。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/716)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠中に関する記事

睡眠中に起こる「ピクッ」…実はそれ、病気の症状の場合があるって知ってましたか?

   寝ている最中にピクッと体がけいれんしたように動くのは「ジャーキング」と言わ...

怖い夢を見た!?悪夢を見てしまう原因っていったいなに?

大きな動物に襲われる、銃で撃たれたり刺されたりする、といったような悪夢は、起き...


頻繁で眠りの質に影響を与える、寝るときの『ビクッ』!実は○○の病気の可能性が…?

寝ているときにビクッとする、電車などで居眠りしているときにビクッとしてちょっと...

寝ても疲れが取れない原因は!?

「寝ても疲れが取れない」という方は、意外と多くいらっしゃいます。今は睡眠障害の...

カラダノートひろば

睡眠中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る