カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. >
  5. 寝ているときのよだれ*実は枕選びが重要?

不眠・睡眠障害

寝ているときのよだれ*実は枕選びが重要?

 

睡眠時のよだれは使っている枕が原因かもしれません。
快適で質の高い睡眠を得るために、枕選びは非常に重要であり、最適な枕を選ぶことでよだれはもちろん、いびきなども防ぐ事ができます。

よだれ対策で重要となる枕のポイントに高さが挙げられます。
高すぎる枕は、頭の角度を傾けすぎ、その傾きが首の気道を狭めてしまうのです。
その狭めた気道が、口呼吸を招き、口内乾燥となり、大量のよだれを分泌することに繋がります。

■よだれ防止のための枕選び


●高いすぎる枕がよだれの原因に
1.枕が高すぎると気道が狭まる
高い枕によって頭が高い位置となると、首が傾いた状態で気道が狭まります。

2.狭まった気道で呼吸すると口呼吸に
狭くなった気道で呼吸をするために鼻呼吸から口呼吸に変わってしまうようになります。

3.口呼吸で口内が乾燥
口呼吸で口内が乾燥し、大量の唾液が分泌されることになります。
この大量の唾液がよだれとなって流れ出るのです。

●最適な枕を選ぶ
1.頭の角度
枕に頭を乗せた角度が、通常時直立で立っているときの頭の角度と同じようになる高さが最適な高さです。

2.頭が沈む柔らかい枕
頭が沈み、変形した枕が頭を左右から抑える様な枕が、仰向けの状態を維持し、よだれを予防するのに最適な枕となります。

枕の高さで口内の乾燥を防ぎますが、よだれの原因はそれだけではありません。
寝返りなどで、顔を横向きにすることで、口が横を向き、そこからよだれが流れ出ることになるのです。
そこで枕は、寝返りを打たず、顔が横向きにならないよう頭が沈み込む柔らかい素材のものが望ましいことになります。

口内が乾燥しなければよだれは分泌されず、横寝を防ぎ仰向けで固定することでよだれが外に出ることも防ぎ、まさに万全の睡眠時のよだれ対策となるのです。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/7611)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

枕に関する記事

不眠症対策に抱き枕が効く!?

  不眠症の原因の一つに精神的なストレスがあります。こうしたことが理由の不眠症...

枕のかわりにタオルで高さを調節!

  枕が自分に合わないと首の血行を阻害するなどして首の神経に負担をかけ、熟睡す...


寝苦しい梅雨時期を快眠グッズで乗り切ろう!「塩まくら」の効果とは?

  ジメジメ…ムシムシ…日中起きている時間帯でも過ごしにくく、不快度指数が...

良質な睡眠のための枕選び

毎日何気なく使っている枕ですが、睡眠の為に重要なアイテムです。あなたは、自分にあ...

カラダノートひろば

枕の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る