カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 充血 >
  5. 白目に白いできものが!?その眼球のできものはなに?

気になる病気・症状

白目に白いできものが!?その眼球のできものはなに?

白目にある、白いできもの…。

白いので見た目にもわかりにくく、自覚症状もほとんどありません。気づかないことが多い疾患です!

 

たとえば、翼状片(よくじょうへん)。白目の表面をおおっている結膜が、黒目の方に侵入します。結膜が黒目にかからないかぎり、はっきりと自覚することはないでしょう。

 

また、瞼裂斑(けんれつはん)は、白目にタンパク質や脂肪が沈着します。目が充血しないと、白目のなかの白いできものを発見することがむずかしいのです。

 

目にできるもの

1.翼状片(よくじょうへん)

白目の表面をおおっている半透明の結膜が目頭から黒目の部分にまで、できものとして侵入してくる疾患です。

症状
目の充血をともない、異物を感じることがあります。
三角形状で入り込んだ結膜は、両目同時に起こることもよくあります。

●原因
原因は不明ですが、高齢者に多い病気で、紫外線に関係しているとされています。

●良性の組織
悪性の組織ではないため、基本的に放置しても問題はありません。

●治療
基本的に異物感を緩和する点眼がおこなわれますが、悪化するほどに異物感が強くなります。

 

時として、乱視を発生させることもあるので、その場合は手術でできものをとり除きます。手術しても再発することも多くあります。


2.瞼裂斑(けんれつはん)

角膜の横にできものができる疾患です。


このできものは、正常な組織にタンパク質と脂肪が沈着してできたもので、翼状片とちがって黒目の上にまで侵入することはありません。

●症状
自覚症状はほとんどなく、瞼裂斑の周辺が炎症を起こすことがあります。そのさいの充血で、瞼裂斑自体は充血せず白くめだつため、その時に疾患を自覚することが多くなります。


●良性の組織
こちらも悪性のできものではないため、基本的に治療の必要はありません。

●瞼裂斑炎
瞼裂斑の周辺に炎症が起こることで、このさいには炎症をおさえる点眼薬で炎症自体を治療します。

 

幸い、白目にできるふたつのできものはほとんどが良性のもので、症状もほとんどありません。本人が気にしないことで、治療の必要もほとんどなく、通常どおりの生活が送れるでしょう。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●白目にできるゼリー状のできものは一体・・・? 

(Photo by://www.photo-ac.com/

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

充血に関する記事

失明の危険性!?カラーコンタクトを着用する上で知っておきたい注意点

瞳を大きく見せる効果のある「カラーコンタクトレンズ」。量販店やネット通販で気軽...

目の充血の対処法3つ 2~3日続くようであれば、病院へ!

目が充血したときの正しい対処法を見てみます。 目の充血が2-3日続く、目の充血...


目の充血の原因とその仕組みって何?

鏡を見てみると目が充血している…いつの間に?という経験は多くの方がされているこ...

目の充血を解消する4つのツボ

  目の充血がそれほどひどくない場合には病院へ行かずに自分で治すという方法もあ...

カラダノートひろば

充血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る