カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 前兆 >
  5. 脳卒中の前触れってどんなもの?気を付けたい前触れとは

生活習慣病

脳卒中の前触れってどんなもの?気を付けたい前触れとは

 

 脳卒中は突然発症することもあれば、前兆となる前触れ発作が起こることもあります。

 

 前触れ発作が起きた場合、病院で診察を受け、適切な処置を受ければ脳梗塞を予防あるいは症状を軽減することが出来ます。

こんな症状が出た時には出来るだけ早く病院に行きましょう。

 

 

頭痛・嘔吐

ハンマーで後頭部を殴られたような突然の強い痛みには注意が必要です。今まで経験したことのないような強い痛みと共に嘔気・嘔吐を伴う場合はクモ膜下出血の可能性があります。 

 

 

めまい・ふらつき

めまいやふらつきを伴う病気は沢山あるので、いちがいに脳卒中であるとは言えません。

しかし、急激にめまいを生じて、手足や顔のシビレ・脱力、視野が半分になる、などの症状を伴う場合に脳卒中の前触れの可能性があります。

 

 

意識障害

脳の血管が詰まることによって意識障害が現れることがあります。

 

 

シビレ・脱力

顔や手足の片側の感覚が無くなり痺れた様になったり、片側の力が抜けて麻痺してしまいます。

上手く歩けなくなったり、物を落としてしまう、口を閉じれなくて飲み物がこぼれる、といった症状が出た場合には脳卒中の前触れ症状である可能性があります。

 

 

ろれつが回らない

舌や口の筋肉が麻痺することによってろれつが回らなくなり喋れなくなります。

 

 

言葉を理解できない

言葉を理解する言語中枢の障害によるものです。話しかけられても理解できません。 

 

 

言葉が出てこない

言葉を発する運動性言語中枢の障害によるものです。話しかけられて理解はできますが、返事をしようとしても思ったことが言えずに意味不明になります。 

 

ものが二重に見える

片目ずつでは普通に見え得るのですが、両目で見ると二重に重なってしまいます。

急に二重に見えた時は目自体の障害よりも脳に障害が現れている可能性が高いです。

 

 

片目が見えなくなる

急に片目が真っ暗に見えなくなる一過性黒内障や、両目を開けていても視野が半分になる視野障害では脳卒中の前兆である可能性が高くなります。

 

 

まとめ

 これらの前兆がどれか一つでも出た場合はすぐに元に戻ったとしても脳卒中の前触れ発作の可能性があります。

すぐに病院での診察を受けましょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/04/03-360128.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

前兆に関する記事

脳卒中、脳梗塞・クモ膜下出血の前兆 ここを見逃さないで!

脳卒中の症状は急に現れることが多いといいます。よく言われるのが、朝目覚めたと...

クモ膜下出血の前兆を学ぼう!血圧異常、頭痛に注意!

脳卒中は脳細胞に血液が行き渡らなくなることでその細胞が死んでしまい、様々な症...


それって脳卒中の前兆かも?

       脳卒中の中でも脳梗塞には前兆となる前触れ発作が起こることがあ...

気をつけて!一過性脳虚血性発作は脳梗塞などの前触れです

    一過性脳虚血発作とは24時間未満の局所脳機能障害です。 脳梗塞の前...

カラダノートひろば

前兆の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る