カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 低身長・巨大症 >
  5. 成長ホルモン分泌不全性低身長症の実際について

育児・子供の病気

成長ホルモン分泌不全性低身長症の実際について

 

 

成長ホルモン分泌不全性低身長症の実際について

 

小人症(低身長症)という病気をご存知でしょうか?この病気は、主に成長ホルモンの分泌不全によって骨が通常よりも低形成になり、それに従って身長の伸びに関しても停滞が見られるという病気です。「ホルモン分泌不全低身長症」は低身長症の代表格の原因として挙げられますが、実際は全体からの割合で言うと10%程度と低く、全体の半数近くを占めるのは「体質性低身長症」や「家族性低身長症」のような病的な原因によらない「特発性低身長症」という部類に属するものです。

 

基本的に治療が可能であるのは、【成長ホルモン分泌不全性低身長症とその他5疾患のみ】であるとされています。このことにより、ホルモン治療できる患者数は非常に限られますが、治療対象から外れたと知ったら検査を止めるのではなく、低身長症の原因には、脳腫瘍など重大なものを含む200種類もの原因があるとされています。

そのため周囲の子供より低身長であると感じた際には、早期に診断を行うことが重要になります。

 

成長ホルモン分泌不全低身長症の治療が受けられない場合について

 

上記でも述べましたが、成長ホルモン分泌不全低身長症の治療に関しては、治療対象とならない場合が3点あります。

 

1)低身長症の原因が「ホルモン分泌不全や他5疾患」以外である場合。(多くは、特発性低身長症)

2)治療対象となっても、治療対象基準より身長が上回ってしまった場合。(その時点で治療が中断されてしまう。)

3)骨が成長する思春期後期を過ぎている場合男子:17歳前後、女子:15歳前後)。(思春期までの期間は、軟骨細胞が増殖できる隙間(骨端線)が骨の先端にあるが、これ以降は完全に閉じられ伸長しない。)

 

成長ホルモン分泌不全低身長症の実際

 

 <低身長症の定義とは?>

低身長の定義は、同性で同年齢の標準身長に対して「マイナス2標準偏差(SD)」以下の身長のもの、と言われています。具体的な「マイナス2SD以下」の数字としては…


◆出生時…男の子が44.7cm(平均は49.0cm)、女の子…44.2cm(平均48.4cm)
◆17歳11ヶ月…男子159.1cm(平均170.8cm)、女子147.6cm(平均158.1cm)

 

とされています。

 

(仮に、現在の身長が標準から「マイナス2SD以下」と診断されり治療を受けていても、成長曲線からこの調子で行くと最終身長より上回ると分かった時点で、治療は中断されます。)

 

<低身長の検査について>
低身長の検査には3種類の方法があります。

1)血液検査+手の平X線検査+尿検査
2)成長ホルモン分泌刺激試験
3)脳MRI検査

(これらの検査のうち、1、2に問題があれば、成長ホルモン分泌不全低身長症と診断されます。)

 

<ホルモン注射療法について>
睡眠前に自分で皮下注射を行い、成長ホルモンを補充する方法によって治療します。効果は治療開始後の1年間は特に良く現れ、伸長の速さは治療前の約2~4倍であると言われています。(経口投与による薬などは、成長ホルモン(タンパク質)が体内で消化されるため使用されません。)

 

自分で生活習慣から改善する方法について

 

ホルモン治療の対象にならなかったり、最終身長が-2SDの値を上回ってしまい薬物治療を行えなくなった場合でも有効とされる治療方法は、生活習慣の改善です。食事・運動・睡眠など3つの面で正しい改善方法を実践すれば、成長ホルモンを正常に分泌させる可能性があります。

 

1)食事に関して…主に軟骨細胞を構成するのに重要な「タンパク質や亜鉛」を充分に取ること(※納豆は両方の栄養素が十分に含まれているのでお勧めです)
2)運動に関して…骨に適度な刺激を与える「全身運動」を毎日行うこと(※但し激しい運動は骨の早期の骨化を進めるので逆効果である)
3)睡眠に関して…夜の22時~2時までの間が重要。また長時間睡眠も必要。(小学生であれば10時間程度、中学生なら9時間程度)

 

(思春期の期間(男子:~17歳前後、女子:初潮~15歳前後)は、成長ホルモンの分泌量が通常時の倍以上あり、これらの改善方法が非常に有効であると言われています。)

 

最後に

 

低身長症の方が、治療対象から外れてしまった場合、成長ホルモンの分泌を促す健康食品を購入する場合多く見られるようです。しかし、それらは現在日本小児内分泌学会などの専門機関において効果が認められておらず、またその中の一商品においては、含有されていない成分や根拠の無い効果の表示があったり、販売会社が成分表示の問題で薬事法に違反したとして検挙された例などもあり、購入する際には充分検討する必要があるようです。

医師など専門家は、低身長が見られた場合、健康食品の効果に期待するよりも生活習慣を規則正しいものに改善しホルモン分泌を正常にさせる方がより確実で、効果的な方法であると勧めているようです。

 

(photo by://pixabay.com/ja/%E5%AD%90%E4%BE%9B-%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%AE%E8%82%96%E5%83%8F%E7%94%BB-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E3%81%8A%E5%8F%8B%E9%81%94%E3%81%A8-%E8%A6%AA%E5%8F%8B%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%A7%E3%81%99-105497/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低身長・巨大症に関する記事

子供の巨人症は、早期治療を行えば高い確率で根治が可能!

子供の巨人症は、早期治療を行えば高い確率で根治が可能! 「巨人症」という病気に...

巨人症の疑いがあったら『経鼻経蝶形骨洞手術』の早期治療が必要

子供に巨人症の疑い…『経鼻経蝶形骨洞手術』とは?   「巨人症」という病...

低身長・巨大症の体験談

低身長の心配

現在1歳3か月になる子供ですが、妊娠中の検診でトラブルを指摘され37週0日ぴったりで誘発分娩をしたせ...

低身長と言われました

下の娘は37週4日で、二度目の帝王切開で生まれました。 1歳半健診までは、特に何も言われなかったの...

カラダノートひろば

低身長・巨大症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る