カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 甲状腺機能低下症 >
  5. 甲状腺機能低下症治療薬・チラージンの効果と副作用

気になる病気・症状

甲状腺機能低下症治療薬・チラージンの効果と副作用

 

 

甲状腺機能低下症は腫れものや甲状腺そのものに異常が起きる病気ではありません。甲状腺ホルモンの病気ですので手術でどこかの部位を切開するなどの治療法は選択しません。

甲状腺機能低下症の治療として一般的なのが甲状腺ホルモンの補充です。足りない甲状腺ホルモンを薬剤にしたのが甲状腺ホルモン剤です。

 

チラージンとは?

甲状腺機能低下症になった場合に最初に出会う薬とも言われているのがチラージンです。チラーヂンという表記の仕方もあり、甲状腺機能低下症の他に甲状腺腫の治療にも使われます。

チラージンは甲状腺ホルモン剤の一種で甲状腺ホルモンを錠剤にした薬です。

足りない甲状腺ホルモンを足して甲状腺機能低下症を治療します。

 

チラージンは心臓への負担が多少なりともあるので25μgくらいからスタートして、徐々に増やすことが多いです。

1日1回、チラージン50μg錠を2-8錠までの服用が甲状腺機能低下症の治療には必要です。

 

チラージンの副作用は?

チラージンの副作用には発疹、かゆみなどがあります。また、チラージンを飲み始めた段階では食欲が起きなかったり吐き気がすることもあります。

その他に重篤な副作用として狭心症、急性副腎不全、呼吸困難などがあります。

重篤な副作用でもかゆみなどの副作用でも異常があって不快だという場合は医師に相談してください。

 

チラージンは甲状腺機能低下症の治療に使われる薬で、甲状腺機能低下症の患者には足りていない甲状腺ホルモンを薬にしたものです。

チラージンの副作用にはかゆみなどの軽度なものから急性副腎不全など重篤なものまでさまざまな副作用があります。

 

(Photo by: //www.ashinari.com)

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

甲状腺機能低下症に関する記事

先天性甲状腺機能低下症「クレチン症」の原因とは

  生まれつき甲状腺の機能が低い病気で「クレチン症」と呼ばれるものがありま...

甲状腺機能低下症がみられる病気「シーハン症候群」の症状とは

  甲状腺機能低下症がおきる原因となる病気には、代表的なものに「橋本病」が...


甲状腺機能低下症の一つ、「橋本病」の症状とは

  甲状腺機能低下症とは、免疫の働きの異常により、甲状腺という臓器の機能が...

【甲状腺機能低下症】規則正しい食事でホルモンバランスを整える

  甲状腺機能低下症になると心身ともに活力が低下し、一日のほとんどを寝て過...

カラダノートひろば

甲状腺機能低下症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る