カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 病院 >
  5. 脳卒中の検査~病院ではどんな検査を受ける?

生活習慣病

脳卒中の検査~病院ではどんな検査を受ける?

 

 脳卒中とは一般名称で、医学的に言うと脳血管障害と言います。

大きく分けると虚血性脳血管障害と出血性脳血管障害に分けることが出来ます。

さらに脳血栓や脳塞栓、脳出血やクモ膜下出血と分けられます。そして、そのそれぞれが脳のどの部位に壊死を起こしているかも違います。 

 

病院ではどんな検査を受けるの?

どのタイプの脳血管障害なのか、どこに異常が出ているのかを調べるために、CT、MRI、MRAなどで検査します。

 

○CT検査

脳にX線(レントゲン)をあてて、コンピューターで断面画像を出します。

X線の吸収率の違いによってどこに出血や梗塞があるのかを診断します。

X線の被曝量は健康に問題を与える事はありません。 

 

 

○MRI検査

日本語にすると磁気共鳴画像装置と言います。磁気と電磁波を利用して、生体内に多く含まれるプロトンから放出させたパルスを画像化したものです。

CTやレントゲンと違い被曝の心配が無く、CTでは画像化できないような断面画像を撮影することもできます。

 

脳梗塞になった場合、CTでは脳の変化が分かるまで発病後2~3日かかります。

MRI検査では発症後数時間で変化を見つけられるので、脳梗塞の早期発見・早期治療に非常に役立ちます。

 

 

○MRA

日本語にすると磁気共鳴血管造影法と言います。MRIを利用して血管だけを鮮明に浮かび上がらせることが出来ます。 

断面画像だけでなく、3次元での画像表示をすることも出来ます。 

 

 

まとめ

コンピューターが発達することによって検査機器の性能も上がってきました。 

体や脳に何の害も与えずにできる検査も多数ありますので、定期的に検査を受けておけば脳血管障害を予防する事もできます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/01/19-344825.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

病院に関する記事

再発しやすい脳卒中の再発を防ぐには?再発防止にはまず定期健診で自分の体を知ることから!

  脳卒中は、脳の血管に何らかの障害が出る状態を言います。血管の病気というのは...

脳卒中の治療法するには?~脳梗塞・脳出血の治療法

  脳卒中を起こした場合にはどの様な治療法があるのでしょうか。    ...


知らなかった!脳梗塞の診断と治療 病院ではどんな検査が行われる?

  脳梗塞になってしまった場合、病院ではどのような検査が行われどのような治...

脳卒中の再発予防に薬物療法 「抗血栓療法」で血栓ができないように予防できる!

  年齢が上がるにつれて、悪い生活習慣が体に蓄積して悪影響が出てくることがあり...

カラダノートひろば

病院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る