カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 病院 >
  5. 脳卒中の治療法するには?~脳梗塞・脳出血の治療法

生活習慣病

脳卒中の治療法するには?~脳梗塞・脳出血の治療法

 

脳卒中を起こした場合にはどの様な治療法があるのでしょうか。

 

 

脳梗塞の治療

脳血管が閉塞することによってその支配領域の脳が壊死してしまいます。ただし、脳には沢山の血管が走っているので、太い血管が詰まってしまって他の血管を使ってしばらくは栄養することができます。

脳が他の血管を使ってなんとか持ちこたえている内に、主となる血流を開通させれば再び脳が回復する可能性が出てきます。

脳梗塞の治療が一刻を争うと言われるのはこういった理由からです。

 

実際の治療法

○血栓溶解療法

線溶剤(血栓を溶かす薬)を使って血管を再開通させます。特に発症後3時間以内の患者さんに効果が高いようです。

脳卒中治療ガイドラインでもグレードAと強く推奨されている治療法です。

 

○抗血小板療法

血液を固まらせる働きのある血小板の機能を押さえます。ラクナ梗塞の急性期、もしくは脳卒中の再発予防として使われます。

 

○抗凝固療法

ヘパリンといい血栓抑制作用があります。特に心原性脳塞栓症によく使われます。

 

○抗脳浮腫薬

脳に起こった浮腫(むくみ)を取り除く薬です。浮腫が強くなると脳が圧迫されて障害が出てしまいます。

 

 

脳出血の治療法

○クモ膜下出血

脳動脈瘤破裂は出血後できるだけ早くに手術を行います。

開頭して再出血予防のために動脈瘤の根元をクリップで止める、もしくはカテーテルを使った血管内療法がおこなわれます。

 

○脳出血

血圧のコントロールを主に、脳浮腫に対する治療や呼吸の管理を行います。

出血した血が固まり血腫となって脳を圧迫する場合には手術の適応も考えられます。 

 

 

まとめ

脳卒中を起こした場合には脳出血であれ脳梗塞であれ早急な処置が必要です。

亡するのを防いで重大な後遺症を残さないためにも早めの処置を行いましょう。 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/01/19-344826.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病院に関する記事

脳卒中の再発予防に薬物療法 「抗血栓療法」で血栓ができないように予防できる!

  年齢が上がるにつれて、悪い生活習慣が体に蓄積して悪影響が出てくることがあり...

脳卒中の検査~病院ではどんな検査を受ける?

   脳卒中とは一般名称で、医学的に言うと脳血管障害と言います。 大きく...


知らなかった!脳梗塞の診断と治療 病院ではどんな検査が行われる?

  脳梗塞になってしまった場合、病院ではどのような検査が行われどのような治...

脳卒中の危険が増す「頸動脈狭窄」!脳卒中予防のためには手術が必要になることも…

  動脈硬化は体に様々な影響を及ぼします。その動脈硬化がどこに特に起こっている...

カラダノートひろば

病院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る