カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 2~3歳 >
  5. 表情 >
  6. 表情づくりが苦手…アスペルガー幼児とは?

>>幼児の検索結果に戻る

育児・子供の病気

表情づくりが苦手…アスペルガー幼児とは?

 

子供は完全に表情だけで表現をするわけではありません。表情での表現が上手に出来るようになるのは10歳くらいと言われ、それまでは様々な表現方法を使います。

とはいっても表情が全くない子というのはやはり変だなと思う方もいるかもしれません。

表情づくりが苦手な子の中には脳機能障害の子もいます。

 

●アスペルガー幼児とは?

ここ数年で一気に認知度が増した病気がアスペルガー症候群です。アスペルガー症候群は脳の機能障害で知能程度には問題がないのですが、3つの点で欠点を持ちます。

コミュニケーション能力、社会性、創造力という3つにおいて社会で生きにくいほどの特徴があるのです。

アスペルガーは生まれつきと言われていますが子供のうちに発見できない方も多いです。

アスペルガー幼児とは幼児のアスペルガーというのではなく、アスペルガーが幼児期に発見された状態を指します。

 

●アスペルガー幼児には表情がない

普通、子どもは親や周囲の人の表情を読み取る能力があり、そこから自分の表情も作っていきます。

ところがアスペルガー幼児は周囲の感情、表情に関心がないので自分自身も表情を出せません。淡々としていて何を考えているのかわからない子、と評されることも多いようです。

 

●アスペルガー幼児のその他の特徴

アスペルガーに見られるコミュニケーション能力の不足は幼児のうちからあります。他人と会話でコミュニケーションを取ることがほぼ不可能です。

子どもの話題は得てしてとんでもない方向に飛んでいきますが、アスペルガー幼児の場合はまず人の会話に返事が出来ない場合があります。

また、児とは思えないような難しい言葉を用いたり、丁寧にしゃべる子が多いです。

 

脳の機能障害の一種がアスペルガーで、幼児のうちにアスペルガーが発見されるとアスペルガー幼児という状態です。

アスペルガー幼児は人の表情を読み取れないため自分でも表情の出し方がわからず無表情になってしまいます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/04/10/11/44/baby-102477_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

表情に関する記事

親の無表情は子どもの表情に影響する!

  多くの人間には他人の表情を読み取る能力があります。例えば口では『嬉しい』と...

難聴を疑っていたら…実は自閉症だった!その見分け方とは?

子供の先天性の病気の中でも多いといわれている『自閉症』。  実は、自閉症は...

成長の目安の体験談

我が子の癖(生後4ヶ月になって)

生後3ヶ月後半ごろからやら頭を左右に振って布団に頭をこすりつけるなあと思っていたら・・・とうとう後頭...

兄弟でも全く違う☆赤ちゃんの性格

現在2人の子供の子育てに奮闘する毎日ですが、1人目と2人目同じ兄弟でもこうも違うのかと驚く毎日です(...

カラダノートひろば

表情の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る