カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 後遺症 >
  5. 脳卒中の様々な後遺症について「感覚障害」はどんな症状か

生活習慣病

脳卒中の様々な後遺症について「感覚障害」はどんな症状か

 

脳の血管が何らかのトラブルにより、詰まる、もろくなり破れるなどして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気を「脳卒中」と言います。

しかし、この病名は一般名で、医学用語としては「脳血管障害」と言います。

 

脳も含めて、神経は一度死んでしまうと元には戻りませんその為に、脳卒中になると後遺症が残ります。

 

その代表的なものとしては感覚障害があります。

脳から下の部位では感覚神経と運動神経は同じような経路を通っています。そのため、運動障害と感覚障害は同じ側に起こることが多くなります。

 

 

視野障害

視神経は脳の中で交叉しています。その為に障害が起こった部位によって、片目が見えない、両目で見ても左右どちらか半分が見えない、外側が見えず視野が狭くなる、4分の1が見えない、といった症状が出ます。

 

ものが重なって見えたり視力が低下することもあります。

 

 

排泄障害    

排尿をコントロールする橋(脳幹)が障害を受けて起こります。

 

尿の回数が多くなる頻尿、尿を漏らしてしまう尿失禁、尿が出ない尿閉、尿意を感じてからトイレに行くまで我慢できない尿意切迫、などがあります。                           

 

嚥下障害

ものを飲み込む動作をつかさどる領域が損傷を受けることによって起こります。

本来ならものを飲み込む時には食べ物や飲み物が肺にいかないように気管は蓋で閉じられます。

ですが、脳卒中によって嚥下機能が上手く働かないと飲み込んだものが気管に入ってしまい誤飲性肺炎を起こす原因になります。

誤飲性肺炎は脳卒中患者の死亡原因の第一位です。 

 

 

手足のシビレ

ほとんどの場合、運動麻痺が起きている側でシビレを感じます。人によっては痛みと感じる方も居ます。 

麻痺やシビレがあるために熱いものや冷たいものを触っても分からなくて火傷をしたり、怪我をしても気が付かなくて重症化することがあるので注意が必要です。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/06/16-379205.php?category=10)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

後遺症に関する記事

言語障害の後遺症が残ったら…周囲の人が大切にするべきは「理解」と「患者さんの意欲」

  脳卒中の後遺症に言語障害があるのはよく知られています。その言語障害の程度も...

脳卒中の様々な後遺症~失行・失認~

     脳卒中とは一般名で、医学用語は脳血管障害と言います。   脳の...


高次脳機能障害・神経障害・感情障害*脳卒中の後遺症3タイプ

脳卒中は、大きくわけてクモ膜下出血・脳出血・脳梗塞などに原因ごとに別れますが...

気をつけて!脳卒中の様々な合併症

脳卒中になると脳の障害によるものと、それに伴って様々な合併症が引き起こされます...

カラダノートひろば

後遺症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る