カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 後遺症 >
  5. 脳卒中の様々な後遺症~失行・失認~

生活習慣病

脳卒中の様々な後遺症~失行・失認~

 

 

 脳卒中とは一般名で、医学用語は脳血管障害と言います。

 

脳の血管が詰まったり破れたりすることによってその血管の栄養している領域が壊死してしまいます。

脳も含めて神経は一度死んでしまうと元には戻りません。その為に、脳卒中になると後遺症が残ります。

 

その代表的なものとしては失行・失認や人格の変化があります。

 

矢行

シビレや麻痺といった運動障害が無いにも関わらず自分の行いたい行動や行為が思った通りにできない行為障害です。

 

視覚や触覚といった体から集めた様々な感覚情報を統合して、状況判断や行動に移すと言った調整をする機能を持つ大脳が損傷を受けることによって起こります。

 

○着衣矢行

服やズボンを上手く着れなかったりします。

 

○運動矢行

普段行っているような簡単な動作が意図してできなくなります。

 

 

失認

視覚や聴覚などの感覚には問題が無いのに、対象物がたとえ知っているものでも分からなくなってしまう障害です。

 

○半側空間無視

どちらか片側半分の空間が認識できなくなります。食事を片側半分しか食べなかったり、絵を描いても片側半分を全く描かなかったりします。

 

○視空間失認

よく知っているはずの道で迷ったり、地図で示すことができなくなります。

 

○相貌失認

よく知っている人の顔でも誰なのか見分けられなくなってしまいます。

 

○物体失認

よく知っているものを見ても何なのか和歌習くなってしまいます。対象物の音を聞かせたり、触らせると認識できます。

 

○視覚失認

その色が何色であるのか認識できなくなります。

 

 

人格や性格の変化 

前頭葉や側頭葉が損傷されると、集中できない、注意力が低下する、やる気が出ない、我慢できない、といった人格に変化が起こることがあります。

これらの障害に対しての理解を深めて脳卒中の後遺症なのだと認識してサポートしないと患者の状態を悪化させることになります。 

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/07/12-380133.php?category=10)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

後遺症に関する記事

言語障害の後遺症が残ったら…周囲の人が大切にするべきは「理解」と「患者さんの意欲」

  脳卒中の後遺症に言語障害があるのはよく知られています。その言語障害の程度も...

正しく理解して接しよう!言語障害の後遺症の患者と接する7つのポイント

  脳卒中は、脳の細胞が傷つくため、一命をとりとめても障害が残りやすい病気です...


脳卒中の後遺症ってどんなもの?

 脳卒中になると脳の損傷部位に応じて様々な障害が現れます。 代表的なものと...

脳卒中の様々な後遺症について「感覚障害」はどんな症状か

  脳の血管が何らかのトラブルにより、詰まる、もろくなり破れるなどして、その先...

カラダノートひろば

後遺症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る