カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 応急 >
  5. 脳梗塞が起きたらすぐに救急車を呼ぼう!!

生活習慣病

脳梗塞が起きたらすぐに救急車を呼ぼう!!

 

脳梗塞は脳の血管に血栓が詰まってしまい、脳の神経細胞が壊死してしまう病気です。

早く血流を再開通してあげないと壊死がどんどん広がっていき神経細胞は元に戻らなくなってしまいます。 

 

そこで、脳の動脈に詰った血栓を溶かして再開通させようと言う血栓溶解療法というものがあります。

 

 

t-PAで血栓を溶かす

これまでにも血栓を溶かす薬はあったのですが効果が弱いものでした。そこで今までは脳梗塞が広がるのを防ぐ薬が使われてきました。

しかし、2005年から血栓を効果的に速やかに溶かすことのできるt-PA製剤が使えるようになりました。 

 

t-PAのリスク

t-PAは効果的に血栓を溶かすことが出来ますが、一方で症候性頭蓋内出血を引き起こすリスクがあるので注意が必要です。

3カ月以内に脳梗塞や脳出血の既往歴がある人は使用することができません。

 

 

3時間以内 

t-PAは脳梗塞が起きてから3時間以内に投与を開始しなければいけません。

 

検査や家族へのインフォームドコンセントへの時間も考えると脳梗塞を発症してから2時間以内には専門の病院へ運び込まれることが望ましいとされます。 

 

制約が多いとは言えt-PAの効果は高く、今までの治療法に比べて効果があります。

 

 

まとめ

t-PAは出血のリスクが伴うために専門の病院でしか投与はされません。

家族が近所の病院に運んだり、迷って様子を見ているうちに3時間が過ぎてしまいt-PAが投与出来ないと言う事があります。

脳梗塞が確認された場合にはただちに救急車を呼んで専門家に任せましょう。

 

また、救急車が来るまでに、これまでの既往歴をまとめたり薬手帳の用意などをしておくとそれからの治療がスムーズに行われるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/06/15-348018.php])

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

応急に関する記事

脳卒中が起こった!「意識があるとき」「意識がないとき」にするべきこととは?

  脳卒中というと突然死のイメージが強いと思います。 しかし、脳卒中で見られ...

明日は我が身!?脳卒中!救急車を呼ぶ際の心得!

生活習慣病のひとつと言われている、脳卒中。自分は大丈夫だと思っていませんか?...


脳卒中を起こしたら医療機関へ!かかりつけ医?119番?運ぶときの注意点はなに?

  突然死につながることもある脳卒中には、様々な症状があります。 患者さん本...

脳卒中における応急処置のポイント 3~6時間以内に初期の治療を受けよう!

脳卒中と聞くと、意識を突然失う病気であると考える人も多いかと思います。 し...

カラダノートひろば

応急の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る