カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 種類 >
  5. アレルギー患者はどれくらい増えているの?

アレルギー

アレルギー患者はどれくらい増えているの?

kodomo.jpg

何らかのアレルギーを持っている子供が増えている、という話を聞いたことがある方もいるかもしれません。
最近ではニュースや雑誌などで、アレルギー症状、アレルゲンについて取り扱うことが増えてきました。
厚生労働省の調査で、昔よりもアレルギー患者が増えているということも明らかになりました。

●アレルギー性鼻炎について


厚生労働省が発表したアレルギー疾患対策の現状や課題をまとめた資料によれば、アレルギー性鼻炎の有病率を1998年、2008年で比較した場合、2008年の方が圧倒的に高いということがわかりました。
これは全国の耳鼻科医とその家族を対象として調査されたものです。
1998年にはスギ花粉症の有病率は16.2%でしたが、2008年には26.5%となっています。
通年性アレルギー性鼻炎の有病率も1998年に18.7%だったのに対し、2008年には23.4%となっています。

●成人喘息


アレルギー性疾患の一つである喘息も、患者数が増えてきています
1999年に臨床喘息の有病率が1.59%だったのに対し2008年には2.78%と、10年で2倍近く増えていることがわかります。

●子供のアレルギー


厚生労働省では子供のアレルギーについても調査を行いました。
対象となるのは0歳~14歳までの子供です。
14歳までの子供のうち、何らかのアレルギー疾患を持っている子供は4割に上ることがわかりました。
都市部には特にその傾向が強く、4歳以下に絞ると有病率が50%以上となります。


(Photo by //www.ashinari.com/2012/08/21-367565.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

アレルギー性鼻炎の症状は鼻だけじゃない!その他の症状は?

  アレルギー性鼻炎の主症状は鼻水、くしゃみ、鼻づまりです。しかし「鼻」炎...

アレルギー性紫斑病とは

アレルギー性紫斑病とはアレルギー反応によって紫色のあざのような斑点が出来てしまう...


アレルギーの素「吸入性・刺咬性・食餌性・薬剤性のアレルゲン」

アレルギー症状の原因となっているアレルゲンは、大きく一般的アレルゲンと職業性アレ...

東洋医学で見るアレルギーとは

東洋医学は、原因の究明においても治療においても個人を重視する傾向にあります。そし...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る