カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. サルモネラ菌 >
  5. 卵かけご飯が好きな人は要注意!サルモネラ菌食中毒

気になる病気・症状

卵かけご飯が好きな人は要注意!サルモネラ菌食中毒

卵

近年、日本でも増加しているサルモネラ菌による食中毒。聞いたことはあるけど、どんな病気?どうしたらかかるの?という人も多いのではないでしょうか。

 

サルモネラ菌とその食中毒についての基本情報をご紹介します。

 

■サルモネラって?

サルモネラとは腸内細菌科サルモネラ属の細菌のことで、細かく分けると2,500種類以上います。人間や動物に感染し、病気を引き起こすのは、この約2,500種類のうちの一部の菌です。

 

感染型食中毒を引き起こすサルモネラは「食中毒性サルモネラ」と呼ばれるもので、人間の腸内で腸管上皮細胞という細胞に感染し、胃腸炎の原因となります。

 

熱や酸に弱いけれど、いくつかの酸には抵抗性があります。低温と乾燥には強く、冷凍しても不活性化しないという特徴があります。

 

■どうして感染するの?

サルモネラ菌は様々な環境で生息しています。動物の腸管内や、川や湖などの自然界、下水などにも多い菌です。他の食中毒の原因菌と同じように、生肉を食すことでの感染が多く報告されています。また、日本では特に鶏肉や卵が原因での食中毒が多いようです。

 

日本での感染例としては、卵やその加工食品、レバ刺しや鶏肉などの食肉、すっぽん、うなぎからの感染があげられます。数は少ないですが、乾燥イカを使用した食品からの感染も報告されています。

 

■サルモネラ菌食中毒の症状

菌が体内に入ってから6〜72時間で発症します。

 

代表的な症状は、

・激しい腹痛

・発熱(高熱)

・下痢(出血する場合もある)

・嘔吐

などです。

 

重症化することはあまりありませんが、抵抗力の無い患者の場合は危険な状態になることもあります。症状が出た場合は、直ちに医療機関で診察を受けましょう。

 

■感染を防ぐには?

サルモネラ菌の感染源で最も多いのは、食品の加熱不足と考えられます。その他、調理器具が清潔でないなどが考えられます。

 

感染を予防するには、以下のことに気をつけましょう。

・肉・魚・卵はなるべく生食を避け、十分に加熱する

・生食で食べる場合には、新鮮な物に限る

・サラダなど、生で食べる物は流水で十分に洗う

・まな板や包丁などは清潔に保つ(漂白剤を使用した除菌、数分間の熱消毒など)

・卵は新鮮な物を使用する。また、割った状態で置いておかない

・動物に触れた後やトイレの使用後には石けんでよく手を洗う

 

サルモネラ菌による食中毒は感染源・感染経路も多いので、小さなことから気をつけて、感染を防ぎましょう。

 

また、感染してしまった場合、体の抵抗力が低いと症状が重くなることもあります。日頃から、規則正しい生活を心がけ、体調管理には十分に気をつけましょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/

著者: ミシェルさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

サルモネラ菌に関する記事

要注意!サルモネラ菌という食中毒原因菌

  夏の食中毒の原因菌の一つであるサルモネラ菌は、自然界に多く存在する菌です。...

世界で一番最も多いサルモネラ食中毒

  サルモネラ中毒が平成になってから日本でもよく起こるようになりました。 世...


細菌性胃腸炎(食中毒)の際におすすめの飲み物とやめておくべき飲み物!

細菌性胃腸炎になると、なかなか食事や水分がとれなくなりますよね。医療機関でも細...

腐敗と食中毒汚染の違いは何?「これくらいなら大丈夫」の感覚は本当に正しい?

  微生物が食品に働きかけるものであっても、それが食品をおいしくするものだった...

カラダノートひろば

サルモネラ菌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る