カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性関節症 >
  4. 神経痛になりやすい人が不足している栄養素とは?

関節痛・腰痛

神経痛になりやすい人が不足している栄養素とは?

 

変形性関節症は血液循環と新陳代謝が予防のポイント

変形性関節症は酷使した関節を、何もケアすることなく放置してしまうことも発症原因のひとつです。関節をなめらかに動かすためには血液循環を良くすることや、新陳代謝を高め関節を支える筋肉を柔軟に保つことが必要なのです。

 

夏場でもショートパンツにサンダルというスタイルの人がいますが、本来はあのままの服装をずっと続けていると外気は暑くても実は冷え性になっている人もいます。そういった状態が続くと、血行不良を起こし関節に必要な栄養素が十分に供給されなくなってしまうのです。

 

「一日冷えたな」と感じた時には、体温より少し熱めの40℃程度のお湯に10分以上浸かって体を温めるようにしましょう。また、腿や脚のすねなどを手でもみこむようにマッサージをしてあげて血行を良くするようにすると、硬直した関節も柔らかくなっていきます。

 

関節を丈夫にする食品選びを重視する

変形性関節症は冷えや血行も影響しますが、そもそもの食生活を見直していくことで健康的な関節を維持することができます。関節をつくっている成分として、コラーゲン、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、タンパク質、グルコサミン、水分があげられます。この中には年齢を重ねるごとに減ってしまい体の中で作られなくなるものもあり、バランス良く食品やサプリメントから摂取することが必要なのです。

 

しかし、市販されるサプリメントの中には1カプセルに対する含有量でなく、袋全体の含有量として表示されているものもあるので摂取にバラつきがある可能性も考えられるので、食品から摂取することをおすすめします。

 

・コラーゲン

鶏手羽先や牛すじに多く含まれます。しっかり煮込んだ後に冷ますと煮こごりができているので、それがコラーゲンです。コラーゲンには種類があり、もしサプリメントで摂取する時には非変性Ⅱ型コラーゲンという軟骨に効果のあるものを選ぶようにしましょう。

 

・コンドロイチン硫酸

水溶性でタンパク質と結びつき、軟骨や関節などの組織を作り、水分と弾力を与えてくれる成分です。25歳以降から体内での生産力は落ちていくので、食品から摂取することが大切です。ネバネバした食品に多く含まれ、山芋、納豆、オクラ、フカヒレ、ウナギなどを中心に食事に取り入れましょう。

 

・ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は人だけでなく、脊椎動物のほとんどがもっていて、特に鶏のトサカに多く含まれていますが、実際に食べるという人はいないでしょう。この成分は食品から摂取することがなかなか難しく、加熱調理をすると成分が失われてしまうのでサプリメントから摂取することが良い方法です。

 

・タンパク質

人の体から水分を除いた重さの2分の1以上を占めている重要な栄養素です。体内で作ることがほとんどできず、食品から積極的に摂るようにしましょう。サンマ、ウナギ、紅サケ、スルメイカ、鶏ささみ肉、豚ヒレ肉、マグロ刺身、カツオ刺身などに含まれます。

 

・グルコサミン

軟骨の成分のひとつで、コンドロイチンと同じく年齢を重ねるごとに生成が追いつかなくなる成分です。グルコサミンを多く含む食品はカニ、エビの殻に含まれるキチン質、ウナギ、干しエビ、山芋、オクラ、イカ軟骨、キノコ類などです。サプリメントを選ぶ場合、甲殻アレルギーがあっても植物性のグルコサミンがあるので、医師と相談して摂取するかどうか検討しましょう。

 

食生活を意識すると関節も健康になる

近年の私たちの食生活は欧米化し、ファストフードやコンビニエンスストアでバランスが良いとはいえないお弁当などが簡単に手に入れられるようになりました。その一方で、そういった食生活を見直そうという取り組みはメディアやインターネットを通して行われていますが、実際に意識している人はどれほどいるでしょうか。

 

もし現在、変形性関節症を患っていて、少しでも関節の健康を取り戻したいと考えているのであれば、次の食事からでも良いので関節に良い食品を1品でも良いので加えることで、体内の血液循環を始めバランスのとれた体づくりにも役立つことでしょう。

 

変形性関節症対策に!食事に1品でも取り入れたいもの

変形性関節症は血液循環と新陳代謝が予防のポイント

変形性関節症は酷使した関節を、何もケアすることなく放置してしまうことも発症原因のひとつです。関節をなめらかに動かすためには血液循環を良くすることや、新陳代謝を高め関節を支える筋肉を柔軟に保つことが必要なのです。夏場でもショートパンツにサンダルというスタイルの人がいます。

 

しかしあのままの服装をずっと続けていると、外気は暑くても実は冷え性になっている人もいます。そういった状態が続くと、血行不良を起こし関節に必要な栄養素が十分に供給されなくなってしまうのです。一日冷えたなと感じた時には、体温より少し熱めの40℃程度のお湯に10分以上浸かって体を温めるようにしましょう。また、腿や脚のすねなどを手でもみこむようにマッサージをしてあげて血行を良くするようにすると、硬直した関節も柔らかくなっていきます。

 

関節を丈夫にする食品選びを重視する

変形性関節症は冷えや血行も影響しますが、そもそもの食生活を見直していくことで健康的な関節を維持することができます。関節をつくっている成分として、コラーゲン、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、タンパク質、グルコサミン、水分があげられます。この中には年齢を重ねるごとに減ってしまい体の中で作られなくなるものもあり、バランス良く食品やサプリメントから摂取することが必要なのです。しかし、市販されるサプリメントの中には1カプセルに対する含有量でなく、袋全体の含有量として表示されているものもあり、摂取にバラつきがある可能性も考えられるので、食品から摂取することをおすすめします。

 

・コラーゲン

鶏手羽先や牛すじに多く含まれます。しっかり煮込んだ後に冷ますと煮こごりができているので、それがコラーゲンです。コラーゲンには種類があり、もしサプリメントで摂取する時には非変性Ⅱ型コラーゲンという軟骨に効果のあるものを選ぶようにしましょう。

 

・コンドロイチン硫酸

水溶性でタンパク質と結びつき、軟骨や関節などの組織を作り、水分と弾力を与えてくれる成分です。25歳以降から体内での生産力は落ちていくので、食品から摂取することが大切です。ネバネバした食品に多く含まれ、山芋、納豆、オクラ、フカヒレ、ウナギなどを中心に食事に取り入れましょう。

 

・ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は人だけでなく、脊椎動物のほとんどがもっていて、特に鶏のトサカに多く含まれていますが、実際に食べるという人はいないでしょう。この成分は食品から摂取することがなかなか難しく、加熱調理をすると成分が失われてしまうのでサプリメントから摂取することが良い方法です。

 

・タンパク質

人の体から水分を除いた重さの2分の1以上を占めている重要な栄養素です。体内で作ることがほとんどできず、食品から積極的に摂るようにしましょう。サンマ、ウナギ、紅サケ、スルメイカ、鶏ささみ肉、豚ヒレ肉、マグロ刺身、カツオ刺身などに含まれます。

 

・グルコサミン

軟骨の成分のひとつで、コンドロイチンと同じく年齢を重ねるごとに生成が追いつかなくなる成分です。グルコサミンを多く含む食品はカニ、エビの殻に含まれるキチン質、ウナギ、干しエビ、山芋、オクラ、イカ軟骨、キノコ類などです。サプリメントを選ぶ場合、甲殻アレルギーがあっても植物性のグルコサミンがあるので、医師と相談して摂取するかどうか検討しましょう。

 

食生活を意識すると関節も健康になる

近年の私たちの食生活は欧米化し、ファストフードやコンビニエンスストアで売られているバランスが良いとは決して言えない食べ物を簡単に手に入れられるようになりました。その一方で、そういった食生活を見直そうという取り組みはメディアやインターネットを通して行われていますが、実行している人はどれだけいるのでしょうか。

 

もし現在、変形性関節症を患っていて、少しでも関節の健康を取り戻したいと考えているのであれば、関節に良い食品を1品でも良いので早速取り入れてみませんか。

 

食べることで健康維持!変形関節症に必要な食べ物って?

変形性関節症は日々の生活の中から発症します。

様々な発症要因がありますが、毎日の食事でそれらを予防することができるんです。

 

関節に必要な栄養素

変形性関節症は「膝」に多く発症しますが、これは膝の骨の間の軟骨がすり減ってしまい、骨同士が擦れ合う時に痛みを発症する病気です。

膝の軟骨に必要な栄養素を毎日の食事から積極的に摂りいれ、変形性関節症を予防しましょう。

 

膝関節を柔軟に保つ

膝関節が強張り動きが悪くなることで、関節により負担がかかります。

そうならないためにも膝関節を柔軟にし、軟骨を再生できる食物を積極的に摂っていきましょう。

 

関節症を予防できる食べ物

・コンドロイチン・・・納豆やおくらなどのネバネバ食品、うなぎ

・グルコサミン・・・かに、えびなど

・ヒアルロン酸・・・豚足、魚の目の周り、ふかひれなど

・コラーゲン・・・鶏皮、魚の皮、豚足、牛肉など

 

これらの食品の中でもコラーゲンは特に毎日積極的に摂りたい食品の一つです。しかしコラーゲンを多く含む食品は、カロリーも高い場合が多いのでサプリメントなどを取り入れ、摂取のバランスを取るようにしましょう。

 

カロリー過多で肥満になってしまっては、自分の体重が膝に一番の負担をかけるといった結果になりかねません。

 

コラーゲンの種類に注目

最近では、サプリメントで摂るコラーゲンが多く市販されています。

しかしコラーゲンを選ぶ際には、その種類に注目しましょう。

 

一般的に市販されているコラーゲンサプリに多く使われている物は「Ⅰ型」と呼ばれるコラーゲンです。これは、肌や骨に効果がありますが、関節・軟骨にはほとんど効果がないと言われています。変形性関節症を予防するためには「Ⅱ型」のコラーゲンを選びましょう。

 

サプリメントを購入する際は、「Ⅰ型」か「Ⅱ型」なのかをしっかり確認しましょう。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2010/08/17-339906.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

変形性関節症に関する記事

関節痛には精油を使ったアロママッサージがオススメ♪変形性関節症の手術法!

関節痛の緩和には、血行を良くするマッサージが有効です。セルフマッサージを行っ...

親指の付け根が痛いのは母指CM関節症?腱鞘炎?変形性関節症の症状とは?

手指を酷使する人は、親指の付け根に違和感を生じることが多いようです。 この...

カラダノートひろば

変形性関節症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る