カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 多剤耐性菌 >
  5. 『MRSA-多剤耐性菌』*身近な菌に気をつけよう!

気になる病気・症状

『MRSA-多剤耐性菌』*身近な菌に気をつけよう!

 

MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)は、近年ニュースなどでよく耳にするようになりました。

これは、多くの種類の抗生物質が効かない「多剤耐性菌」と呼ばれる細菌の変異型のひとつで、院内感染の広がりで、高齢者が命を落とすケースもたびたび起きています。

 

どこにでもいる常在菌

MRSAは、もともと黄色ブドウ球菌という常在菌で、ごく普通に健康な人の鼻腔、咽頭、皮膚などにいます。

健康な状態では病気になることはありませんが、高齢や病中病後などの免疫力が落ちたときなどに発症し、食中毒や肺炎、敗血症などにつながります。

ひどい下痢で体力が消耗するなど、高齢者では死に至ることも少なくなりません。

 

抗生物質の多用が生んだMRSA

一般的には、抗生物質を服用すれば菌は死滅して回復するのですが、抗生物質が使用されるようになった現代では、こうした抗生物質では死滅しない菌が結果的に生き残り、「多剤耐性菌」と呼ばれるようになりました。

つまり、現代医学が生み出したともいえるサバイバルな細菌なのです。

 

MRSAは、1970年代から広がっており、発生した場合にはさらに新しくて強力なバンコマイシンが使用されます。

しかし近年ではバンコマイシンも効かないVRSA(バンコマイシン耐性黄色ぶどう球菌)も発生しており、食い止める抗生物質がないため治療が難しくなります。

 

感染拡大させないために

健康であれば発症の心配がありませんが、入院中の家族などに菌を運んでしまう可能性は否定できません。高齢者や病気の家族がいる場合や、病院にお見舞いに行くときには、手洗いなどを心がけることが大切です。

 

MRSAの発生している病院に行った場合にも、手洗いやうがいなどきちんとすることが大切です。

とくにトイレの後はよく手を洗いましょう

 

多剤耐性菌が発生している海外の地域に行ってきた場合、帰国後に体調が悪くなったら病院で医師に渡航先などを話して相談する必要があります。

自分だけでなく、家族や周囲にも脅威を与えかねないこうした感染症も、手洗いやうがいなど、誰にでもできることから予防につながります

きちんと理解して、感染を拡大させないように注意しましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/28-376734.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多剤耐性菌に関する記事

抗生物質のやりがちな飲み方に注意!その飲み方、感染症を悪化させているって気づいて!

抗生物質は感染症の治療において、なくてはならないものです。 ですがそれが、...

薬が効かない薬剤耐性菌 人間の体内で生まれるってどういうこと?

    MRSAやVRSAなど、抗生物質が効かない怖い病原菌の話をニュースで...


水回りに注意!エンドトキシンを出す「薬剤耐性緑膿菌感染症」

  最近、全国の病院や高齢者施設などで散発的に発生が報告されている多剤耐性...

海外から国内へ!薬が効かない!?抗菌薬耐性菌にご用心

  世界が小さくなったと言われるほど、仕事や旅行での海外渡航は一般的になっ...

カラダノートひろば

多剤耐性菌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る