カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 生活全般 >
  5. 高齢者を床ずれから守ろう【予防編】

介護・認知症

高齢者を床ずれから守ろう【予防編】

 

一度、生じてしまうと完治までに時間がかかる床ずれは、積極的な予防が大切です。予防の効果が大きいため、さまざまな方法を試し、高齢者の床ずれを防ぎましょう。

 

 

体位交換(体位変換)

床ずれは、体の同じ部位が長時間ベッドなどに触れ続けると生じます。したがって、同じ体勢をとらないよう、定期的な体位交換が有効です。

体の向きを変えて圧力がかかる部位をずらすのが、基本的な方法です。おおむね2時間に1回の体位交換が必要です。1日に何度も体位変換をする負担は大きく、時間も拘束されます。訪問介護を依頼するなどして、小まめな体位交換を心がけてください。

 

 

床ずれ予防グッズ

体圧を分散するための、便利な用具も取り入れましょう。ウレタン製のマット、ウォーターマットなど、床ずれ予防寝具が効果的です。自動的に体位交換ができる、高機能ベッドもあります。

床ずれ予防用クッションも、便利です。

体の下に入れてベッドとの間に隙間を作ったり、側臥位の高齢者の足の間にはさんで足の骨同士がこすれないようにできます。

 

床ずれの誘因を解消する

低栄養の高齢者は、床ずれの危険性が高まります。

少量でもしっかり栄養補給できる食事を摂り、栄養状態を改善しましょう。肌を強くするビタミンAを含む、緑黄色野菜もお勧めです。

皮膚の状態も、床ずれの発生に大きく影響します。保湿と清潔を心がけてください。

血行不良を解消するため、ベッドでもできる運動やマッサージを取り入れるのも良いでしょう。

 

便利な予防グッズ、日々の心がけで、高齢者を床ずれから守れます。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/22-376625.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活全般に関する記事

あおむけで寝たきりは危ない!?背部褥瘡になりやすい寝方、効果的な予防法

「背部褥瘡(はいぶじょくそう)」という病名を、聞いたことがあるでしょうか? い...

賢く使って安全な入浴を~浴室の福祉用具

高齢者の入浴には、転倒や溺れる事故への配慮が欠かせません。また、高齢者の入浴介...


高齢者の皮膚を乾燥させない!おすすめ入浴法♪

  入浴は高齢者の皮膚を清潔に保つ一方で、皮膚にダメージを与え、乾燥を促進する...

スキンケアで高齢者の床ずれを防ぎましょう

  皮膚を清潔にして保湿を心がけることが、高齢者の床ずれ(褥瘡)予防には有...

カラダノートひろば

生活全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る