カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 検査 >
  5. アレルゲンを垂らして皮膚の反応で判断!アレルギーの皮膚テスト

アレルギー

アレルゲンを垂らして皮膚の反応で判断!アレルギーの皮膚テスト

pacchi.jpg

アレルギーの検査にはいくつかの方法がありますが、目で見て非常にわかりやすいと言われているのがアレルギー検査皮膚テストというものです。


●皮膚テストとは

アレルギーの皮膚テストでは、アレルゲンと思われるものを皮膚に垂らします
例えば花粉アレルギーが疑われる場合には、花粉アレルギーのエキスを使います。
このエキスについても、皮膚テストに使うその他の道具についても、病院で管理されているものですので重篤な影響が出る心配はありません。
エキスを垂らした後、検査用の針で少しだけ皮膚を刺してアレルギー反応を待ちます
20-30分後にはアレルギー反応が出て、皮膚が腫れあがる可能性があります
時間が経ってもアレルギー反応が出ない場合、そのアレルゲンについてはアレルギー発症の可能性は限りなく低いということになります。


●パッチテストとは

パッチテストとは皮膚テストのひとつです。
パッチテストでは、アレルゲンを貼った布のようなものをまず皮膚に乗せます。
そしてその上から絆創膏を貼って固定します。
この状態で長時間過ごすというのがパッチテストの特徴で、背中に貼りつけた場合には48時間、絆創膏を貼りっぱなしにしておきます。
そしてその後、絆創膏をはがして30分程度待ちます。
なぜ30分程度待つのかというと、絆創膏によって刺激反応や皮膚の異常が出てしまう可能性があるからです。
背中の皮膚を利用したパッチテストの場合、大量のアレルゲンについて一度に検査できるというメリットがあります。

 
(Photo by //www.ashinari.com/2012/03/21-359859.php)

著者: rabiさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

アレルギー検査の落とし穴!遅延型アレルギーの存在を知ろう。

  アレルギーが疑われるとき、病院では血液検査やパッチテストといったアレル...

アレルギー疾患の治療の一つ、代替療法の費用とは?気軽に始められる代替療法を知ってますか?

代替医療は、アレルギー疾患の治療のひとつとして利用されることもあります。免疫アレ...


アレルギーについて相談したい…そんな時は電話相談!アレルギーの電話相談で専門医を探そう!

アレルギーについてどうしても他人に相談しにくいという事柄があったときは、電話相談...

皮膚にアレルゲンを注入?!アレルギーの皮内テスト

アレルギーの皮膚テストのひとつとして数えられるのが皮内テストです。皮内テストは...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る