カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 多剤耐性菌 >
  5. 薬が効かない耐性菌が増えている?感染予防に抑えておきたい細菌事情

気になる病気・症状

薬が効かない耐性菌が増えている?感染予防に抑えておきたい細菌事情

 

最近ニュースでも院内感染多剤耐性菌という言葉をよく耳にします。

これらは私たちのごく身近な存在なのですが、まだあまりよく理解されていないかもしれません。

注意したい細菌の感染症事情について、ご紹介します。

 

多剤耐性菌とは

MRSAVRSAという言葉は、新聞やテレビでときどき見かけますがどういったものかご存知ですか?

これらは、抗生物質に対して耐性を持つ、つまり抗生物質を投与しても効かない菌です。

 

MRSAはメチシリン系抗生物質が効かない菌、VRSAはバンコマイシンにおいても効果がない菌、という意味です。現在では、切り札といわれていたカルバペネム系抗生物質に対しても、海外で耐性菌が出現しています。

 

 

たくさんある抗生物質とのいたちごっこ

抗生物質は、青カビからペニシリンが発見されて以来、たくさんの種類が見つかって薬として世に出てきました。

少し経つと、青カビ以外にも、細菌に効果がある物質がもっとあるだろうと、当初新しい抗生物質の探索をしていました。

やがて、ペニシリンで治っていた病気が治らない場合が出てきて、違うタイプの抗生物質でないと病原菌をやっつけられなくなる、さらにその抗生物質も効かないことが出てくる、といういたちごっこが、いつの間にか始まってしまったのです。

今では、世界中でさらに新しい、耐性菌ができにくい抗生物質が研究されています。

 

細菌の突然変異で生まれる多剤耐性菌

細菌は、突然変異を起こす確率が高く、数千万、数億、数千億…と増えていくうちに、そのなかに一つでもその薬剤に耐えて生き延びられるものがいれば、爆発的にそのタイプのものが増えます

現代社会ではたくさんの抗生物質を日常的に使用するようになったため、世界規模でこうした多剤耐性菌が生まれる環境ができてしまいました。

 

世界中を移動する病原菌

さらに、世界中を人や物が行き来する現代では、世界のどこかで発生すれば、いつ日本にやってきてもおかしくない状況になっています。

こうした細菌は、その多くが健康な人には発症せず、高齢者や病後などの免疫力が低下している人が発症して重篤化してしまうのです。そうした患者が多い病院で発生すると、菌を押さえる薬がないため、食い止めることが難しく、院内感染として次々に感染が広がってしまいます。 

 

感染症には潜伏期間もあり、自分でも気づかないことがよくあります。

自分がこうした菌の運び屋にならないための配慮として、

海外渡航直後は体の弱っている人に接触しない

・病院などに出入りする場合には手洗いをきちんとする

などを心がけましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/12/07-373878.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多剤耐性菌に関する記事

海外から国内へ!薬が効かない!?抗菌薬耐性菌にご用心

  世界が小さくなったと言われるほど、仕事や旅行での海外渡航は一般的になっ...

『MRSA-多剤耐性菌』*身近な菌に気をつけよう!

  MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)は、近年ニュースなどでよく耳に...


抗生物質のやりがちな飲み方に注意!その飲み方、感染症を悪化させているって気づいて!

抗生物質は感染症の治療において、なくてはならないものです。 ですがそれが、...

薬が効かない薬剤耐性菌 人間の体内で生まれるってどういうこと?

    MRSAやVRSAなど、抗生物質が効かない怖い病原菌の話をニュースで...

カラダノートひろば

多剤耐性菌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る