カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 美白 >
  5. 美肌を作るための新方法はアメとムチ?目からうろこの美容法とは

美容・ダイエット

美肌を作るための新方法はアメとムチ?目からうろこの美容法とは

 

美白を目指すときに、美白効果のある化粧品を選んで使うことは簡単なことですが、本当に美白になりたいと思うのならば、まずは洗顔から変えていかなければなりません。

 

 

洗顔はひたすら肌に優しく

肌は毎日汚れます。当然、化粧をしていればその化粧品の成分によって肌がダメージを受けていますし、たとえ化粧をしていなくても、分泌される皮脂や汗が空気中のほこりを吸着したりして肌は汚れるのです。この汚れを取り除くため、毎日の洗顔は非常に大切です。しかし毎日行うものだからこそ、いい加減に済ませてしまうと、そのダメージが蓄積しやすいというのもまた事実です。

そのため、洗顔は肌の負担が最小になるように優しく行うのが基本です。しっかりと洗顔料を泡立てて、その泡が肌の上を滑るようにして肌を洗います。すすぐときはシャワーなどで強い刺激を与えないように、必ずためたお湯を手ですくうようにしてすすぎ、お湯の温度もぬるま湯とされる37度前後が最適です。よく洗顔料をすすいだら、タオルで水滴をふき取りますが、このときにごしごしこするのではなく、柔らかいタオルで水滴を吸い取るようします。

 

これだけではいけないときも

基本的な洗顔の仕方は上記のようなもので、このあとすぐに化粧水などをつけて保湿をすると思います。このすぐに保湿が原則ですが、この方法は時に肌を過保護にしている状態を作り出している可能性があります。過保護な状態に置かれた肌は、外からの刺激に慣れていませんので、ちょっとの刺激に敏感に反応するようになることがあります。

 

ときどき痛めつける

これを防ぐために重要なのが、洗顔後に化粧水などをつけずに放置する、肌のトレーニングです。洗顔は優しくなのに、「肌を痛めつけたら意味がないのでは?」と思うかもしれませんが、そうではありません。肌は本来自分で自分を修復し、正しい状態を保とうという力を持っており、これが美白には非常に大切です。その力は過保護なケアだけではどんどん衰えていってしまうのです。そのため、一週間に一度くらいの頻度で洗顔後の肌を三十分ほど放置してみてください。肌が弱くなっている人はすぐに頬あたりが、乾燥によりピリピリしてくると思いますが、何度か回数を重ねれば慣れていきます。

 

 

肌への接し方は一辺倒ではいけません。いわゆるアメとムチを上手に使いこなして肌自体を成長させてあげることで、真に健康で美しい白い肌になることができるのです。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/27-370775.php?category=265])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

美白に関する記事

メラニンを抑制*美白サプリの副作用には要注意!

美白サプリとは肌の美白効果のある成分を有したサプリメントです。 美白と一言で言...

自家製小麦粉パックで美白!

  世には様々な美白パックが売られています。美白に関する成分は今現在大いに研究...


キュウリパックは美白に効果があるのか?

キュウリパックを知っているでしょうか。一時期流行したこともあるキュウリパック...

美白の救世主ハイドロキノンの光と影

「徹底的に美白をしたい」「いろんな商品を試したけれど効果を感じられなかった」...

カラダノートひろば

美白の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る