カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 女性ホルモン >
  4. 女性の男性化から考えられる病気

女性のカラダの悩み

女性の男性化から考えられる病気

 

女性の男性化は増えており、その原因の多くは不規則な生活や食事、ストレス環境にあると考えられます。

その一方で男性化の原因が病気ということもあります。女性の男性化から考えられる病気を見てみます。

 

●多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群は排卵が行われないことによって卵胞がその場にとどまり、卵巣の中につぶつぶの卵胞が溜まっていくという病気です。

この多嚢胞性卵巣症候群の症状のひとつが血中男性ホルモンの上昇及びそれに伴う男性化です。

多嚢胞性卵巣症候群か単にストレスなどからくる男性化なのかを見分けるには月経異常があるかどうかがポイントです。

月経異常はないのに男性化しているのであればストレスなどの可能性が非常に高いです。

一方で月経異常があるという場合、判断は難しいので検診を受けることをお勧めします。

多嚢胞性卵巣症候群ではインスリン注射やホルモン剤治療、妊娠希望の場合には排卵誘発治療なども行います。

 

●副腎腫瘍

ホルモンの分泌に関わっている臓器が副腎という小さな臓器です。性ホルモンだけではなく血糖値の上下に関わるホルモンなどさまざまなホルモン分泌を支える臓器です。

そこに腫瘍が出来てしまうと本来の働きを失ってホルモンバランスが乱れます。性ホルモンに乱れが出ると男性化が症状として現れることもあります。

多嚢胞性卵巣症候群と同じように見分けるのは難しいですが、副腎腫瘍にのみにみられる症状としては満月様にふくらんだ顔面があります。

 

男性化は病気の症状として現れることもあります。男性化から考えられる病気には卵胞が卵巣内にとどまってしまう多嚢胞性卵巣症候群やホルモン分泌をする臓器である副腎に腫瘍ができる副腎腫瘍などがあります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/04/03-016133.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

女性ホルモンに関する記事

ホルモンの変化と心とカラダの関係

■約ひと月でワンサイクル女性のからだは、女性ホルモンの影響を受けながらリズミカル...

黄体ホルモンを補う!ホルモン剤投与治療

PMSの治療として行われている一つが「ホルモン療法」です。 ホルモン剤を投...


赤ちゃんがいないのにオッパイが出始めたら。。。

    男性や授乳をしていない女性でも、乳汁の分泌がある場合があります。 ...

生理じゃないのにお腹が痛い…腰痛や下腹部痛が起こる排卵痛ってなに??

生理開始日から約2週間後、排卵後の下腹部痛は「排卵痛」かも。まだ生理が来る時...

カラダノートひろば

女性ホルモンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る