カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 慢性感染症 >
  5. 成人T細胞白血病 リスクを知って

気になる病気・症状

成人T細胞白血病 リスクを知って

 

 

成人T細胞白血病は、HTLV-Iというウイルスによって起きる病気です。

国内に100万人はいるといわれているHTLV−Iウイルス感染者ですが、実際には全員が発症するわけではないのです。

ですが、パートナーや子どもへの感染リスクがあるため、しっかり理解しておく必要があります。

 

南九州エリアに多かったHTLV-I

HTLV-Iウイルスによる成人T細部白血病は、日本国内の場合、南九州の風土病とも呼ばれるほど、地域限定的な感染症でした。世界的にも、カリブ海沿岸などに発生が限定されており、その起源についてもいろいろと説が唱えられています。

 

 

地球規模で拡散する感染

人口の移動が急激に進み、地方エリアから都市エリアへの流入の結果、最近では地域に限らず、首都圏などでも成人のT細胞白血病の発症が増えています。

この場合、親の世代が子ども世代にこのウイルスの感染について説明しておらず、自分がウイルスを持っている(キャリアと呼ばれます)であることを知らずにいた、というケースが多いのです。

ウイルスキャリアであることを知らずに結婚、出産し、その後発症してわかる、というパターンで、さらに感染を広げている可能性があります。

 

 

キャリアであっても発症するとは限らない

もし、ウイルスキャリアであるとしても、発症するとは限りません。HTLV-Iウイルスの場合、発症率は全体の5%程度といわれています。

また、人によって異なりますが、感染してから50年くらい経ってから発症するといわれています。ですから、大人になってから感染しても、発症しない人が多いのです。

 

 

大事な人を守るために

家族や親戚にHTLV-I感染者や成人T細胞白血病の方がいる場合には、ぜひ血液検査をしましょう。また、妊娠時の血液検査では、自治体が推奨していなくても、ぜひ検査項目に加えることをお勧めします。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/01/19-344830.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

慢性感染症に関する記事

風邪による頭痛や吐き気はどうして起きるのか?

           感冒(風邪)による頭痛は、発熱によって頭の中や頭皮血...

「HTLV-I」が脊髄に感染することで起きる重篤な神経症状

  成人T細胞白血病ウイルスHTLV-Iは、血液中のリンパ球に感染して白血...


風邪で発熱し、頭痛がする時は「冷やす」のも手段です!

                     感冒(風邪)は主にウイルスや細菌の...

キスでも感染?成人T細胞白血病の感染ルート

  成人T細胞白血病ウイルスのキャリアであることがわかっても、普通の暮らしを十...

カラダノートひろば

慢性感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る