カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 慢性感染症 >
  5. キスでも感染?成人T細胞白血病の感染ルート

気になる病気・症状

キスでも感染?成人T細胞白血病の感染ルート

 

成人T細胞白血病ウイルスのキャリアであることがわかっても、普通の暮らしを十分楽しむことができます。

そのためにも、感染を広げないための知識をつけましょう。

 

血液検査

献血などで「検査結果を知らせる」という項目にチェックをしておくと、なんらかの病気の可能性が見つかった場合、連絡が届きます。

また、妊婦検診での血液検査でも、HTLV-Iの感染可能性がある、という結果が出るかもしれません。

この段階では、まだ感染が決定しているわけではありません。

ですから、ぜひ確定診断となる検査を受けましょう。

 

 

妊娠中の場合

HTLV−Iに感染していても、赤ちゃんに奇形や障がいなどの異常がでるわけではありませんしかし、母乳からの感染があるため、母乳をあげられないので注意しましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは感染しているかどうかわからないそうです。赤ちゃんが感染しているかどうかは、3歳くらいにならないと確実な検査はできません

 

 

キスでは感染(うつ)らない

HTLV-Iウイルスは、血液中のリンパ球の中にいます。そのため、リンパ球が存在する体液で感染します。唾液中にもごくわずかにでることがありますが、これで感染することはないと考えられます。

ですから、キスでは普通感染することはないのです。

性感染ルートとしては、男性の精液を経由して女性に感染します。

 

他の感染ルート

これ以外には、つぎのような感染ルートが考えられます。

・HTLV-I 感染者の血液がついた注射針を誤って刺してしまう

・血液が傷口から入る

・不衛生な針などでの入れ墨など

 

以前は、輸血した血液からの感染の可能性もありましたが、現在ではより高い精度で血液をチェックしているので、心配はありません。空気感染や接触感染はないウイルスですから、日常生活には影響がないと考えて大丈夫です。

 

キャリア、あるいは身近にキャリアがいる人は、こうした正しい認識をもって、差別を生まないようにすることが重要です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/02/06-357394.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

慢性感染症に関する記事

「HTLV-I」が脊髄に感染することで起きる重篤な神経症状

  成人T細胞白血病ウイルスHTLV-Iは、血液中のリンパ球に感染して白血...

風邪による頭痛や吐き気はどうして起きるのか?

           感冒(風邪)による頭痛は、発熱によって頭の中や頭皮血...


キャリア患者によって感染が拡大!成人T細胞白血病を知ろう

    成人T細胞白血病を知っていますか? まだ知名度があまり高くない病気...

風邪で発熱し、頭痛がする時は「冷やす」のも手段です!

                     感冒(風邪)は主にウイルスや細菌の...

カラダノートひろば

慢性感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る