カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. ピル >
  4. こんなことにも効果が?ピルの避妊以外の効果

女性のカラダの悩み

こんなことにも効果が?ピルの避妊以外の効果

 

ピルは生理周期の改善や避妊の効果を目的として飲む方が多いと思います。生理不順で悩んでいるという方はその多くが予定を立てるのに困っています。

せっかく楽しい旅行に行っても生理がぶつかってしまうと思いきり楽しめない場合もあります。ピルを飲んでいれば28日ごとに月経周期が来るので予定を立てやすいです。

そして、避妊効果ですがピルの避妊効果はコンドームよりも高いので望まない妊娠を避けられます。

 

●ピルには生理周期改善や避妊以外の効果もある?

ピルは女性ホルモン剤ですが、ホルモンの影響は体のさまざまな場所に現れます。生理周期の改善や避妊を主な目的にしてピルを飲んだとしてもその他の嬉しい効果に恵まれることもあるのです。

生理や避妊以外のピルの効果を見てみます。

 

●にきび・肌荒れ改善

女性の性周期は肌に影響すると言われています。ホルモン剤でホルモンの出方や量をコントロールすることで肌荒れの改善がみられる場合が多いです。

特に、男性ホルモンの抑制によってにきびが出来にくくなるというのがピルの効果のなかでも多くの女性が嬉しいと感じるようです。 

 

●大腸がんのリスクを減らす

食生活の変化によって日本人に増えてきているといわれる大腸がんですが、ピルを8年以上服用していると40%大腸がんのリスクが低下するとピルのガイドライン上での発表がありました。

 

ピルには避妊以外の効果もあります。例えば大腸がんのリスクを減らす効果、肌荒れやニキビを出来にくくする効果などです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/01/23-356256.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ピルに関する記事

避妊だけじゃない!不妊治療におけるピルの役割とは?

ピルと聞くと生理周期をずらしたいとき、避妊したいときに使うホルモン剤だというイ...

ピルって本当に大丈夫?

ピルは女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)...


こんなにたくさんある「ピル」の利点

  ピルの利点は、何と言っても飲み続けるだけで100%の避妊効果を得られること...

低用量ピルの妊娠中・長期使用は、「先天性胎児異常」「乳がんリスク」に影響する?

低用量ピルは、現在では避妊に対してだけでなく、他の様々な女性ホルモンに関わる...

カラダノートひろば

ピルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る