カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 日和見感染 >
  5. 高齢者は特に注意!深在性真菌症は早期治療が重要

気になる病気・症状

高齢者は特に注意!深在性真菌症は早期治療が重要

 

高齢になると、からだの免疫機能が下がり、さまざまな病原菌に感染しやすくなります。

こうした日和見感染は、一般的ではない症状を示すので、原因がなにかわからない場合が多いのです。

特に、皮膚表面などではなく、肺や内臓に真菌(カビ)が感染する「深在性真菌症は、怖い病気です。

 

日和見感染の原因菌

日和見感染とは、日常どこにでもいる菌が体内でどんどん増えてしまうことです。

普通の免疫機能があれば、これらの菌が体内に入ってきてもすぐに押さえつけてしまうので、体内で菌が増えることはありません。

しかし、免疫機能が押さえられなかったカビは、肺や内臓などさまざまな場所で増え、その結果命を落とすことも少なくありません。

 

日和見感染する真菌

次のような菌が、日和見感染による「深在性真菌症」の原因菌として多く、注意が必要です。

 

・アスペルギウス

・カンジダ

・クリプトコックス

・フサリウム

 

これ以外にも多くの真菌が原因となります。

 

症状と治療

真菌が、肺や血液中、臓器などで増えると、発熱や呼吸困難、敗血症によるショック症状などが起きます。いずれも早期に診断し、適切な治療が必要です。治療では、点滴や服薬で持続的に抗菌剤を投与します。

予防的に複数の抗菌薬を投与する場合もありますが、抗菌剤は高価なので乱用は避けるべきです。また、抗菌剤を多用すると、耐性菌の発生につながることも考えられます。

 

 

抗菌剤が効かないこともある

細菌感染の治療はどの菌に感染しているのかで、薬の選択が決まります。診断が間違っていると、せっかくの高価な抗菌薬が効かないケースもあります。そのため、治療経験が豊富で、検査設備の充実した病院で受診することをお勧めします。

 

加齢以外にも、免疫機能が低下する病気や、治療によって免疫機能が低下している場合などもあります。日和見感染はきちんと対処しなければ、命にも関わりますので、十分に注意しましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/05/07-036443.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日和見感染に関する記事

日和見感染に注意すべきは免疫力の落ちている人!

  日和見感染は誰でもかかる病気というわけではありません。むしろ人口全体で見た...

気付かないうちにあなたも?薬剤が効かない結核菌が日本で猛威を振るう?

  実は、日本は先進国で一番結核が発生しています。 今、結核?と思いますが、...


きちんと知ってる??健康は人には無縁の病気「日和見感染」

日和見感染とは、健康な人なら感染症を起こさないような弱い病原菌が原因となります...

カビよる日和見感染*なりやすい人と予防と治療

  HIVのような免疫不全だけでなく、高齢者などで免疫が低下すると、さまざ...

カラダノートひろば

日和見感染の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る