カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アトピー性皮膚炎 >
  4. 予防 >
  5. 副作用が不安?アトピー性皮膚炎の薬 ステロイドの正しい知識

アレルギー

副作用が不安?アトピー性皮膚炎の薬 ステロイドの正しい知識

 

アトピー性皮膚炎は、アレルギー物質による影響で痒みや皮膚の腫れなどが現れる慢性の病気です。一度発症すると完治が難しく、病気と長く付き合っていかなければなりません。
アトピー性皮膚炎を治療するには『薬』が欠かせません。
特に痒みがひどくなると、薬なしでは症状を緩和させることが難しいのです。


あなたが使っているアトピー性皮膚炎の薬は、どのような副作用があるか確認しておく必要があります。

 

●ステロイドの副作用


患部に直接塗り込むステロイドは、皮膚から吸収されるため血液中に入りますが、極めて微量といえます。
ステロイド=副作用が多いというイメージですが、正しい塗り方で処置をすれば副作用がほとんど出ないこともあります。

 

副作用


・皮膚が赤味を帯びる
・毛細血管が拡張する
・皮膚が少し薄くなる
・にきびやとびひ、水いぼなどの皮膚炎が悪化する
・皮膚の免疫抵抗力の低下による感染症

 

●ステロイドを使用する際の注意点


・リバウンド
ステロイドでアトピー性皮膚炎の症状を抑えようとする際に、まだ症状が緩和していないにも関わらず使用を中断してしまうとリバウンドが起こります
つまり、急に症状が悪化することを意味します。
アトピー性皮膚炎の症状が悪化した時に症状を抑えようとし、ステロイドを使用しますが、押さえられていたアトピー性皮膚炎の症状が、一気に息を吹き返すのです。


以前にも増して症状が悪化したように感じますが、ステロイドの軟膏の副作用ではなくて、ステロイドを処方された通りに使用しないために起こっているのです。
 

ステロイドを使っていれば完治する…
ステロイドを使わなければ、悪化しない…
というのは違うと言われています。


つまり、アレルギーというものは、生活環境や心的要因が大きく関わっているからです。
生活環境は、埃やダニ、カビ、タバコ、食品などが一般的です。そして、心的要因の一つとして、ストレスや疲労が挙げられます。
それらの要因を少しずつ改善しながら、悪化した場合は薬を活用していく。
それが薬と上手に付き合う秘訣だと思います。

ステロイドは怖い薬ではありませんので、正しい使用方法で医師からの指導を受けながら使用していきましょう。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/02/28-376734.php)

 

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

ママ必見!アトピー性皮膚炎

  アトピー性皮膚炎で悩む日本人はとても多く、特に乳幼児のアトピー性皮膚炎...

アトピー性皮膚炎の人の腸はただれてる?気を付けたい食べ物とは

漢方の養生法に「好きなものをやめれば病気は治る」という言葉があります。そんなに好...


アトピー予防のためにできること

  慢性疾患である『アトピー性皮膚炎』で悩んでいる方は日本に多くいます。ア...

アレルギー疾患などを改善する「キレーション療法」とは?

重金属による健康被害を改善する「キレーション療法」の実際について   現...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る