カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アトピー性皮膚炎 >
  4. 予防 >
  5. アトピー性皮膚炎の薬の種類について

アレルギー

アトピー性皮膚炎の薬の種類について

 

アトピー性皮膚炎はアレルギーの一つです。
そもそもアレルギーとは、あるアレルギー物質が体に入り込み、体がその物質を攻撃することで、鼻水やくしゃみ、痒みの症状が現れます。
アトピー性皮膚炎は、症状が皮膚の痒みに現れる病気です。
日本ではこのアトピー性皮膚炎にかかり、悩んでいる患者さんが多数います。
中でも治療していく上で不可欠な薬について、話をしたいと思います。

 

アトピー性皮膚炎を治療するための薬とは?

●治療の薬


アトピー性皮膚炎になると、炎症やかゆみが起こってしまいます。
そこで、これらの炎症などを抑えるための薬が使用されます。
種類は塗り薬飲み薬があり、状況に応じて使い分けます。

主に炎症を鎮めるために使われるのがステロイドですが、肌が薄くなるなどの副作用を心配している方も多いと思います。


塗り薬の場合は、注意点を守ればステロイドの副作用の心配はほとんどいりません。

ステロイドの塗り薬の場合の注意点としては、顔にはなるべく使用しないほうが良いでしょう。その理由は顔は薬の吸収率が高いからです。

使用する際は、比較的弱いタイプのステロイドの塗り薬を短期間使用します。

医師の判断なしに、ステロイド使用を止めたりするのも厳禁です。

必ず医師の指導のもと使用するようにし、必ず塗る時間、回数、期間は守りましょう。

 

アトピー性皮膚炎の重症時に使用される飲み薬の場合は、副作用の注意が必要です。

塗り薬に比べ副作用が出やすいのが特徴です。

副作用は、感染症や糖尿病、副腎不全など怖い病気も多々ありますが、医師の指導のもと服用すればほとんどの場合心配が要りません。

塗り薬と同様、自己判断でのステロイド使用の中断や服用時間、回数、期間はきちんと守らなくてはなりません。

体に異常が出たらすぐに医師へ相談しましょう。

 

●保湿剤


アトピー性皮膚炎になると皮膚を保護する機能が弱く、乾燥してしまいます。
荒れた肌から水分が逃げだしてしまうのです。また、アレルギーを引き起こす物質が荒れた肌から侵入しやすくなっている。そこで、荒れた皮膚に水分を補い、その含んだ水分を逃がさないようにする必要があります。その際には保湿剤が有効的です。

 

薬は、治療→保湿が重要です。

これを医師に決められた期間、きちんと続けなければなりません。
また、それだけでも十分ではなく、原因のアレルギー物質の除去も行わなければなりません。

 

薬は医師の指導のもと、十分に理解した上で使用し、アレルギーの原因となっているものの特定・除去を行いましょう。

 

 

(イラスト: by //kids.wanpug.com/illust77.html)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

油にも新鮮さがあった?酸化した油はアトピーの原因にも!新鮮な油を摂るコツ

古い油は酸化しており、体に悪いと言われています。酸化した油はアトピーの原因にな...

アトピー予防のためにできること

  慢性疾患である『アトピー性皮膚炎』で悩んでいる方は日本に多くいます。ア...


ママ必見!アトピー性皮膚炎

  アトピー性皮膚炎で悩む日本人はとても多く、特に乳幼児のアトピー性皮膚炎...

アレルギー疾患などを改善する「キレーション療法」とは?

重金属による健康被害を改善する「キレーション療法」の実際について   現...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る