カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アトピー性皮膚炎 >
  4. 海外の治療法を紹介*ヨーロッパでのアトピー治療

アレルギー

海外の治療法を紹介*ヨーロッパでのアトピー治療

 

アレルギーの一つであるアトピー性皮膚炎、日本では多くの方達が悩んでいます。
痒みをどうしずめるか?が大きな課題となっています。

日本人以上にアトピー性皮膚炎の人口が多いとされているヨーロッパでは、自然療法生活療法を主流にしています。
薬だけに頼らないでアトピー性皮膚炎を治療できればいいですね。

 

アトピー性皮膚炎を治療する上での一番の課題は『皮膚をかかないこと』です。
皮膚をかくと、皮膚が傷つき、その傷から感染症を起こしたりします。
つまりアトピー性皮膚炎が悪化する原因はここにあるのです。

 

●皮膚をかかないように…


自然療法では、かゆみが出たら患部を冷やします
中でも手軽にできるやり方はこれです。

 

1.ハンカチやタオルを濡らします。
2.ミントはヒンヤリして気持ちいいので、水の代わりにミント水がいいでしょう。(炎症がひどい時は止めておきましょう)
 
ヨーロッパでは『ウェットラップ・ドレッシング法』という自然療法があります。
特に、かゆいときにかきむしってしまう子供たちに効果的なようです。
睡眠中にすると無意識のかきむしり防止に役立ちます。

 

1.肌に保湿剤をたっぷり塗ります。(グリセリンが主流です)
2.ぬるま湯に浸して軽く絞った包帯で患部に巻きつけます。
3.濡れた包帯の上から、乾いた包帯をし、水分の蒸発を防ぎます。
(注意)同じ包帯をつけっぱなしにすることはやめましょう。傷から感染を起こすかもしれません。
まずは傷がないことを確認しましょう。
汗をかいたりすると、蒸れて悪化する恐れがあるので、夏は控えた方がよいでしょう。


●皮膚がかゆくならないように…


かゆみが止まったら、保湿クリームを塗って皮膚に油分を補いましょう。
お風呂からあがってすぐは、皮膚に油分がない状態のため、水分が蒸発してしまい、かゆくなります。お風呂からあがったら3分以内に保湿をするようにしましょう。

 

●生活改善


口にする食べ物全てに気を使う・ストレスや疲れが溜まりにくい生活をする・自然素材の物を使用する、これは自然療法をしていく上では欠かせません。
それは、皮膚をかかないことと保湿をしたことだけでは、完治することが難しいからです。
その病気の根源がどこあるのかを突き止めなければなりません。


口から食べる物、皮膚に直接触れる物を自然素材にし、原因の除去を行いましょう。
特定の食品からアレルギーが起きていると疑われる場合には、血液検査で食品を特定することをお勧めします。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com/2013/02/13-376329.php?category=10)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アトピー性皮膚炎に関する記事

かゆみが収まらない時の対処法とかゆみに効く塗り薬や日用品

かゆみが収まらない時の対処法 ■かゆみが治まらないときは? ・冷やす ...

アトピー性皮膚炎の人は気を付けるべき食べ物とアレルギー疾患を改善する「キレーション療法」とは?

アトピー性皮膚炎の人の腸はただれてる?気を付けたい食べ物とは 漢方の養...


アトピー性皮膚炎はどうして起こる?原因と治療方法は?

人は動物ですが、動物性脂肪はその人間の健康にとって非常に都合が悪い存在でもあ...

アトピー対策には栄養素から見た食事バランスが大切!~アトピー性皮膚炎の食生活~

■三大栄養素の過剰を原因としてアトピーとなり湿疹が引き起されるのですが、三大...

カラダノートひろば

アトピー性皮膚炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る