カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 健康食品・サプリメント >
  5. 花粉症の悪化を防ぐ!食べてはいけない食品

アレルギー

花粉症の悪化を防ぐ!食べてはいけない食品

 

花粉症の方は、春や秋の花粉症シーズンがくるのが辛いですね。鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどが辛くて、どうしても薬だけに頼ってしまいがちです。
しかしそれだけでは、花粉症は完治することが難しいと言われています。


そのため、花粉症になったらこのようなことに気をつけなければなりません。

 

症状を抑える薬体に花粉が入らない工夫症状が悪化しない体作です。中でも『症状が悪化しない体作り』は自分でもでき、このことで薬の効果が更にアップします。それは、花粉症を悪化させない食事を食べることです。では花粉症を悪化させない食事とはどんな食事でしょうか?

 

花粉症を悪化させない食事


1.甘い食品


チョコレートやドーナッツ、クッキーなどの加工された甘いお菓子は控えた方がよいでしょう。特に洋菓子は、多くのバターや砂糖、乳製品が使用されています。

血液中の糖分が増えすぎると免疫機能の低下につながります。

 

2.脂の多い食品


揚げものは控えた方がよいでしょう。とんかつなどの揚げ物やバターを多く使用した洋食などです。特に気をつけたいのが、トランス脂肪酸です。

マーガリンなどに多く含まれ、免疫機能の低下につながります。

 

3.冷たい物


体を冷やす生野菜やアイスクリーム、冷たい飲み物などです。
体を冷やすことで、体の免疫力が低下し、花粉への抵抗力がなくなってしまいます。


4.ヒスタミンを多く含む食材


花粉症になるとまず症状が出る時に、ヒスタミンという物質がでます。そのヒスタミンが、鼻水やくしゃみ、目の痒みなどを引き起こしています。そのヒスタミンを多く含む食材を摂ってしまうと、花粉症の症状が助長されます。
ヒスタミンを多く含む食材は、トマトやホウレンソウ、なす、タケノコなどです。
しかし加熱処理をすると問題はありません
花粉症の方はこれらの食材を加熱処理しましょう。


5.加工食品


加工食品のソーセージやハムには亜硝酸塩が含まれていることがあります。
過敏性を高める刺激物質が含まれているので、花粉症の症状がひどくなる可能性があります。割高にはなりますが、亜硝酸塩が含まれていない商品もあります。どうしても食べたい場合にはスーパーなどで聞いてみると良いでしょう。

 


花粉症を含むアレルギー症状が出た場合は、まず口にする食品を見直すことが必要です。食品と薬、生活のリズムを整えることで、少しは緩和するでしょう。花粉症は長期的な治療が必要です。自分で出来る範囲のことから始めましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/03/14-377235.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健康食品・サプリメントに関する記事

ヘスペリジンで抗アレルギー

  ヘスペリジンは別名「ビタミンP」とも呼ばれるポリフェノールの一種です。...

危険!?花粉症サプリメントの副作用に注意!

  ちまたでは、花粉症に対するさまざまな民間療法が宣伝されています。しかし、なか...


粘膜を強く! ビタミンA・Cを多く含む食材

  鼻や目を守る粘膜は体内への花粉の侵入を防いでくれるので、花粉症の予防・...

花粉症になったら?免疫機能を高めよう!!

  現代病のひとつ、花粉症。 近年では、国民の5人に1人が、なんらかの花...

カラダノートひろば

健康食品・サプリメントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る