カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 強くなる >
  5. ストレスに強くなるために生活に取り入れたいこと

メンタル

ストレスに強くなるために生活に取り入れたいこと

 

あなたはストレスを感じますか?

仕事や人間関係、家事、育児など様々なストレスがありますがストレスとは一体どういうものなのでしょうか。

 

ストレスとは、外部からの力(人間関係や仕事など)で体が受ける反応です。
体が受ける反応と一言で言っても、人それぞれです。


・不眠
・うつ病
・アレルギー
・食欲不振
・胃潰瘍


など、症状は100を超えると言われています。

 

一般的にストレスを溜めないには、『ストレスを解消する』と言いますが、この解消とは簡単に言うと、脳が感じた緊張を解きほぐすことです。ストレスを受けると、ストレスによって体が緊張状態になっています。

その緊張状態を緩めてあげるには、好きなことをしたり、趣味や会話などが挙げられます。しかしこの解消法は人それぞれであり、この解消法を模索することがストレスを溜めない体を作る一つの方法です。

 

溜まってしまったストレスを解消することも必要ですが、まずはストレスの溜まりにくい体作りをしましょう。

 

1.おおまかに生活リズムを整える
あまり細かな計画を立てると、このせいでストレスを感じてしまうこともあるでしょう。
ざっくりと大まかな計画を立てます。
その際には、気分転換や休息を上手に取り入れることが必要です。
円グラフに、ストレスを感じやすいことを赤、休息や趣味の時間を青で書き込みます。
どちらがの色が多いかを客観的に見てみると、自分がどれだけストレスを感じているか分かりやすいですね。

 

2.会話
話し相手をつくりましょう。
離せる人がいない、話しにくいことは日記に書いてみるとスッキリしますよ。

 

3.適度な運動
ストレスや疲労を感じると、家に引きこもりがちですが、そのせいで症状が悪化することもあります。散歩や運動などを取り入れてみましょう。外の空気を吸うことが大事です。
 

4.遊び
大人が遊び?と感じますが、実は遊びが重要です。
趣味の時間や、子供のころにしていた遊びなどをしてみると意外に楽しく、緊張感が解けます。旅行などで日常から離れるのも効果的です。

いっぱい笑うことでストレスも発散できますので、楽しくをモットーに休日を過ごしてみましょう。

 

5.休息
疲れたと思ったら休息をとりましょう。
無理をして、続けるよりも、こまめに休憩をとることで、疲れやストレスが溜まりにくくなります。

 

 

ストレスで引き起こされる病気にならないためにも、毎日を楽しく過ごし、辛い状況で我慢をしないことが大事です。
ストレスや疲れの溜まったあとは、趣味の時間を楽しみましょう。

 

(Photo by: //free.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/21_28_67/products_id/2059)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

強くなるに関する記事

ストレスに強くなりたい!ストレス耐性って鍛えられるの?

    ストレスは怖いものです。人間はストレスで不安を覚えたり、怒りを覚...

ストレスが溜まりにくい心になるためには?「食事」そして「運動」で強い心をつくれる!

   ストレスが溜まる環境というのは、心身に良い影響がありませんから、できるだけ...


自律神経を高めてストレスに強くなろう!

  ストレス社会である現代では、いかにストレスを解消させるかが大きな課題と...

すぐにできる!「人前でアガらない方法」あなたに合った方法はどれ?

学校でも会社でも、人前で話をしなければならない機会はたくさんあります。 アガり...

カラダノートひろば

強くなるの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る