カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 介護保険 >
  5. 知って得する!介護保険でこんなことも?住宅改修~基礎知識編

介護・認知症

知って得する!介護保険でこんなことも?住宅改修~基礎知識編

 

介護保険のサービス内容は、訪問介護や施設の利用だけだと思っていませんか?高齢者が在宅で安心して暮らすための住宅改修にも、介護保険を使えます。どのようなケースが介護保険適用の対象になるのか、要件を説明します。

 

要支援・要介護

介護保険を利用するので、要介護認定を受けることが前提です。介護度は問われず、要支援・要介護いずれかの認定があれば対象になります。高齢者の安全を確保して、在宅での生活をスムーズにするという介護予防の観点からも、住宅改修に介護保険が適用されています。

 

 

上限額

宅改修に対する介護保険の支給限度額は、20万円です。このうち、1割が自己負担です。たとえば住宅改修に15万円かかった場合、13万5千円が介護保険から補助され、1万5千円は自己負担です。

介護保険では9割の補助が上限ですが、さらに独自の補助制度を設けている自治体もあります。併用すれば、さらに経済的負担が軽くなります。介護保険とは別の制度なので、実施の有無や条件を確認してください。

 

 

対象になる住宅改修

介護保険の給付を受けられるのは、次の改修工事です。

・手すりの取り付け

・滑りにくい床材への交換

・引き戸など、扉の付け替え

・床の段差を解消する

・和式便器を洋式便器に交換

・上記の改修に付帯して必要となる工事(例:便器交換のための排水設備工事、手すり取り付けのための壁補強など)

 

 

現在の住宅にひと工夫するだけで、安全性が格段に向上し、高齢者と介護者の負担が減ることがあります。費用の負担も1割で済みますので、まずはケアマネージャーに相談してみましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/08/07-025907.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

介護保険に関する記事

増税の影響はゼロ?非課税の居宅サービス一覧と内容

  介護保険の居宅サービスのうち、消費税が非課税になるものは消費税法別表第...

増税後の介護保険利用自己負担額アップでどんな影響が出ているの?

  消費税増税は医療に関する自己負担額アップにもつながります。 診療報酬の改...


家族も知っておきたい!介護認定の「調査項目」とは

  要介護認定では、高齢者の心身状態を知るための調査項目があります。 約...

知って得する!介護保険でこんなことも?住宅改修~相談から補助受給まで

  介護保険を利用した住宅改修の流れをまとめました。住宅改修で介護保険の補...

カラダノートひろば

介護保険の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る