カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

美容・ダイエット

間違いだらけの洗顔法

 

間違いだらけの洗顔法

 

洗顔は汚れを落とすものと思っていませんか?確かに余分な皮脂や汗やホコリなどをきれいに落とすことは大切ですが、洗いすぎで肌に必要な最低限の油分や水分まで落としてしまっては、かえって肌へストレスを与えてしまうことになります。正しい洗顔を理解し肌へのダメージを減らしてあげるようにしましょう。

 

こするのはダメ!優しくが基本

洗顔は顔を洗うことですが、ゴシゴシ洗い肌へのダメージを与えてしまうことになるのでやめましょう。よく、こすればこすっただけ汚れが落ちると勘違いしている人も多いようですが、洗顔ではこれはNGです。強くこすり洗いするということは、手と顔の肌の間で摩擦が生じているので、肌表面のキメを傷つけてしまうことになります。

 

キメが粗くなる毛穴が開きやすくなったり皮脂が出やすくなったりと肌には悪影響です。また、洗顔後にタオルで顔を拭く場合も同様です。タオルでゴシゴシ水分をふき取るのは同じように摩擦を生じさせてしまいます。洗顔も洗顔後の拭き取りも摩擦を抑えてやさしく行うということを理解しておきましょう。

 

水の温度は熱すぎても冷たすぎてもダメ

洗顔では水を使いますが、この水にも気を使っている人は少ないのではないでしょうか。夏は暑いですから冷たい水で顔を洗うと気持ち良いですよね。逆に冬は寒いので暖かいお湯で洗ってしまうことが多いのではないでしょうか?

 

洗顔の場合は使う水の温度は常に一定のぬるま湯がいいのです。冷たすぎると毛穴が閉じてしまい毛穴に詰まった汚れを落としきれなくなってしまいます。逆に熱すぎる肌表面に強い刺激を与えてしまうことになりますし、洗顔後の肌が乾燥しやすくなってしまいます。食器などの洗い物をしていて、冬はお湯を使うことが多いために手がガサガサ乾燥してしまうのと同じです。

 

熱ければ熱いほど使用後の肌は乾燥しやすくなり、乾燥した肌は油分を取り戻そうと過剰に皮脂を分泌してしまうのです。これらを防ぐためにも、洗顔に使う水は一年中ぬるま湯がいいのだと覚えておきましょう。

 

 

間違った洗顔法を見直して、肌へのダメージを少なく汚れだけを落とす洗顔をするように心がけましょう。

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/201157photo190post-355.html])

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

洗顔に関する記事

ダメ!絶対!!肌に悪い4つの習慣

■いつもの習慣が実は肌に悪影響を及ぼしていた?普段何気なくやってるようなことが、...

ちょっとのコツが美肌習慣 お肌を守る正しい洗顔方法とは?

  知ってる?正しい洗顔方法   毎日行う洗顔。朝と夜、通常であれば一...


クレンジング料は形状によって刺激が違う?~上手なスキンケア~

■肌にダメージを与えやすいからこそ質の良いものを!肌への刺激を考えて選びたいクレ...

乾燥肌・脂性肌・ニキビ肌は洗顔を見直して

  乾燥肌・脂性肌・ニキビ肌は洗顔を見直して   肌のトラブルで多いの...

カラダノートひろば

洗顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る