カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 洗顔 >
  5. 乾燥肌・脂性肌・ニキビ肌は洗顔を見直して

美容・ダイエット

乾燥肌・脂性肌・ニキビ肌は洗顔を見直して

 

乾燥肌・脂性肌・ニキビ肌は洗顔を見直して

 

肌のトラブルで多いのが、乾燥肌・脂性肌・ニキビ肌ではないでしょうか?これらの肌トラブルを抱えている人は洗顔の仕方を見直してみるだけで、肌質が改善させることがあるので試してみましょう。

 

乾燥肌

肌の乾燥がひどく、いつもカサ付いていたり白く粉をふいていたり、ファンデーションのノリが悪かったりする肌質を乾燥肌といいます。化粧水をいくらつけてもすぐに吸い込んでしまう、砂漠のような肌ですね。そんな乾燥肌の人は冬場に熱いお湯で顔を洗ったりしていませんか?

 

熱いお湯で顔を洗うと、汚れと一緒に肌に必要な油分までを洗い流してしまうことになります。乾燥肌は油分と水分が足りないので、洗いすぎや強い洗浄力の洗顔料もよくありません弱酸性などの肌への刺激が少ない洗顔料を使って、やさしく洗い過ぎないようにしましょう。洗顔時の水も熱すぎる温度ではなく、ぬるま湯で洗うことを心がけましょう。

 

脂性肌

脂性肌は、Tゾーンなどに皮脂が過剰に出てしまう肌質で、ファンデーションをつけた肌がテカったり、化粧崩れなどをすぐに起こしてしまい女性には悩みの多いものではないでしょうか。

 

脂性肌は皮脂が過剰に分泌されてしまうことなので、一日に何回も洗顔して皮脂を洗い落とそうという人も多いかもしれませんが、これは間違いです。過剰な皮脂の分泌洗顔によって肌に必要な油分までも洗い流してしまっているために、肌が油分を取り戻そうと過剰に分泌してしまっているのです。ですから脂性肌だからといって洗顔回数を多くしたり洗いすぎは良くありません。洗顔料を低刺激のものにしてやさしく洗顔し、油分を洗い流し過ぎないようにすることが大切です。また、洗顔後すぐにたっぷりな量の化粧水や乳液をつけるなどして、肌への水分と油分を補ってあげるようにしましょう。

 

ニキビ肌

ニキビ肌にはアクネ菌を抑え肌を清潔に保つことが大切です。洗顔料はニキビ肌用の洗顔料を使用し、アクネ菌を増殖させないようにすることが必要です。

 

乾燥肌・脂性肌と同様、乾燥しすぎたりすると皮脂が過剰に分泌されてしまい、それが脂性肌へとまたそれがひどくなりニキビ肌へと肌状況が悪化してしまうので、ニキビ肌用の洗顔料、または薬用の洗顔料でしっかりと汚れを落としたら、化粧水や乳液で水分と油分を補給してあげることが大切です。また、ニキビ肌の場合は汗や汚れを肌に付着したままにしておくと肌質が悪化するので、汚れたり汗をかいたりしたらそのつど洗顔を行うようにしましょう。ただ洗いすぎは良くないのでやさしく汚れを落として清潔に保っておくことを心がけておきましょう。

 

 肌のタイプ別に異なるケアが必要です。

自分の肌タイプに合わせてきちんとケアしていきましょう!

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/201154photo209post-441.html])

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

洗顔に関する記事

クレンジング料は形状によって刺激が違う?~上手なスキンケア~

■肌にダメージを与えやすいからこそ質の良いものを!肌への刺激を考えて選びたいクレ...

ダメ!絶対!!肌に悪い4つの習慣

■いつもの習慣が実は肌に悪影響を及ぼしていた?普段何気なくやってるようなことが、...


夏の肌は洗顔が命!洗顔で防ごう、夏の肌老化!肌老化を防ぐ洗顔の仕方

肌は特に夏と冬に老化しやすいとされています。これから夏を迎えて肌の老化を防ぐ...

大人肌のくすみを取るための洗顔は泡が大事!泡の作り方を学ぼう

年齢を重ねると気になるもののひとつが、くすみです。くすみの原因は毛穴に詰まった...

カラダノートひろば

洗顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る