カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 膝・肘・かかと・くるぶしが黒く硬くなるのはなぜ?~膝・肘・かかとをきれいにするには?~

美容・ダイエット

膝・肘・かかと・くるぶしが黒く硬くなるのはなぜ?~膝・肘・かかとをきれいにするには?~

膝・肘・かかと・くるぶしは、スキンケアを心がけていてもカサカサになったり、硬くなって黒ずんでしまったりしがちな箇所です。ボディスクラブや、保湿などでケアする以外に、こうならないよう事前に気をつけておきたいところがあります。

 

膝・肘・かかと・くるぶしが黒く硬くなる原因

膝・肘・かかと・くるぶしは、関節の曲がる部分だったり、骨が出ていて硬い部分です。この部分が黒く硬くなりやすいのは、普段の生活で刺激を与えているからです。

 

日常生活の中で、膝をついたり肘をついたりすることが多くはないですか?立ち膝で仕事をしたり、テレビを見るときや本を読む時など、ふとした瞬間に肘をついていたりしていませんか?

 

そういった日常生活の中で少しずつ膝や肘をついていることから、皮膚に負担がかかりこすれたり、刺激から守ろうと皮膚が厚くなったりしてしまっているのです。

 

かかとは歩く上で必ず使用する部分ですから、毎日歩いているだけでこすれて刺激が与えられ、保護しようと皮膚も厚くなってきてしまいます。くるぶしは、正座をしたり胡坐をかいたりするとき、体重がかかってしまい同じようにこすれてしまう部分です。

 

膝・肘・かかと・くるぶしが黒く硬くならないために

普段の生活の中から、これらの部分に負荷がかからないよう気をつけてあげることが大切です。膝をついての作業をする場合は、サポーターをしたり肘をついてしまう癖を直したり、肘をつく場合は下が固いものではなくやわらかいクッションを当ててあげるだけでも効果があります。

 

同じようにくるぶしなども、座る時は硬いところではなく座布団やクッションを引いてやるなどして、刺激や摩擦を抑えてあげるようにしましょう。

 

日頃からケアとしてボディスクラブを使用したり、入浴後に保湿を十分に行ってあげることも必要です。常に刺激を与えてしまうかかとなどは、専用のクリームや靴下などがありますので、利用してみるのも良いでしょう。

 

ニキビによってケロイドが出来る?発症しやすい体質とは?

ケロイドには2種類が存在する

ケロイドと言うと、切り傷や火傷などの怪我の後、皮膚が褐色や赤みを帯びた状態で少し盛り上がったようになり、跡が消えないもののことを思われると思います。このケロイドを『肥厚性瘢痕』と言い、ケロイド治療に来られる方の割合としてはこちらのタイプが多いようですが、もう一方の傷跡の隆起が多く見られる方に『真性ケロイド』があります。ケロイドが出来るのは、多くは遺伝によるものです。これまで目立った傷を作ったことが無かったので、ケロイド体質であると気づかなかったが、ピアスを空けて穴が大きく隆起し赤く腫れたのでびっくりしたとともにこの疾患であると分かった、という方も多いといわれます。以下では、それぞれのケロイドの特徴や治療法について見て行きたいと思います。

 

症状について

【◆真性ケロイド】

【症状⇒】

特徴的な隆起があり、患部の色も鮮紅から褐色の間の色が見られます。時間が経過するに従い、徐々に側方への広がりが見られ、ケロイド中央部が退色扁平化して、『餅を引き延ばしたような』状態を示します。しばしば当初の外傷部位の範囲を超えて大きくなることもあり、側圧痛(横からつまむと痛む)が見られます。わずかな擦り傷や、ニキビなどの傷とも言えない炎症などからもケロイド病変が起こることがあります。

 

【発症部位⇒】

下床に軟骨や骨のある部位にできやすく、前胸・顔面・上腕・背部・恥骨部に多く見られます。

 

【◆肥厚性瘢痕】

【症状⇒】

手術の痕など、しっかりと深い外傷があった際に、その部分が隆起します。真性ケロイドのように外傷部位を超えて周囲に拡大すると言うことはなく、また比較的隆起・紅色調も少ないです。半年ほどかけて隆起が成長していきますが、大半が2~3年経過すると次第に良くなっていきます。

 

【発症部位⇒】

傷を受けた部位に発生しますので、いずれの部位にも出来ます。

 

原因

多くのケースで遺伝的要因が関係していると言われています。真性ケロイドに比べ、肥厚性瘢痕の方が遺伝的要素の関連性が低いとされています。それぞれの特徴は以下になります。

 

<発症要因>

◇真性ケロイド

1)皮膚の色素量が多い(黒人の方に発症しやすい)

2)30歳未満の方に生じやすい

3)妊娠は増悪因子である

4)遺伝的素因による

 

◇肥厚性瘢痕

1)高血圧症の方

2)全年齢で発症する

3)遺伝的素因は関係性が低い

 

<発症のきっかけは?>

両方ともに発症の誘因は傷です。多くの例で、前胸・背中・頬顎部のニキビ跡にケロイドが多発する場合がありますが、これは非常に小さな傷(微小外傷)が出来たためと考えられます。また、最近増えている原因にピアスが挙げられています。真性ケロイドでは、ピアスを開けた外傷から周辺部位が大きく隆起し、耳の変形したような形になることがあります。

 

治療法・対処法

真性ケロイドも肥厚性瘢痕も治療方針は同じであると言われています。両者とも治療には抵抗性があり、特に真性ケロイドは治療が困難であると言われています。治療の期間は、数年が必要で、最終目標としては『萎縮性瘢痕』に持っていくこととされています。隆起が無くなることが第一とされるため、治療後も多少の跡は残るようです。

治療は発症部位によっては拘縮(ひきつれ)を生じる場合があり、特に関節部や屈曲部においては、拘縮があるかどうかによって治療方針が変えられます。

 

◆拘縮を伴う場合

まずは、拘縮を解除するために『植皮術』などの手術が必要になります。拘縮が取り除かれると、周囲のケロイドは自然に萎縮性瘢痕になっていくことが多いようです。

 

◆拘縮を伴わない場合

外用療法(ステロイド軟膏、密封療法、テープ剤)

創傷被覆剤貼付(シリコンゲルシート)

圧迫固定療法(レストン)

内服療法(リザベン)

 

などが用いられます。

 

難治例では、ステロイド局所注射療法、冷凍療法、手術療法、放射線療法などが追加されます。 

自身がケロイド体質であると判明した際には、やはり日常生活において『傷を作らないよう心がけること』が重要であると言われています。わずかな傷でもケロイドは生じますので、ピアスなどは極力開けないこと、擦り傷に気をつけること、また難しいことですが『にきび』なども出来る限り作らないように心掛けることが重要であると言われています。

 

黒くて硬くなった膝・肘・かかとをきれいにするには?

膝・肘・かかとは角質が溜まりやすく、ザラザラしてしまいます。ツルツルにしようとボディスクラブで洗ってみたりしてもあまり効果がなく、ザラザラどころか黒く硬くなってしまっている箇所はどうしたらきれいになるのでしょうか?

 

膝・肘・かかとが黒く硬くなってしまうのは?

膝・肘・かかとが黒く硬くなってしまうのは角質が溜まりすぎているからです。溜まりすぎた角質は、通常の洗浄ではなかなか落ちません。ボディスクラブを使用しても、あまり効果は得られないでしょう。その部分だけ皮膚が厚くなってしまっている状態なので、ちょっとしたことではきれいになることはありません。

 

強くこすりすぎるのはNG

角質が溜まりすぎているからといって、強くこすったり、軽石などでこすり落とそうとするのは止めましょう。肌を痛めてしまいますし、皮が剥けて出血する恐れもあります。

 

ふやかし&あかすりが効果的

膝・肘・かかとの黒くて硬くなってしまっている部分は、ふやかし&あかすりが効果的です。入浴時に十分湯船に浸かり、膝・肘・かかとの部分をふやかすようにします。皮膚が柔らかくなった状態で、あかすりのタオルなどを使用し、その部分を軽くこするようにします。一度ではあまり効果がなくても、何回か続けていると厚くなった角質が取れ、スベスベできれいになります。一度に落としてしまおうと強くこすったり、必要以上にこすったりするのは、肌を痛める原因となるのでやめましょう。ポイントは十分にふやかし、皮膚をやわらかくしてから行うということです。

 

ふやかして皮膚をやわらかくしてからあかすりでこすり落とす方法が効果的です。その後は保湿液やボディローションなどを使って、十分に保湿してあげることも忘れないようにしましょう。

 

(Photo by:http://www.pakutaso.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美肌・スキンケアに関する記事

永久脱毛、完了するまでにどのくらい通う?効果の持続期間は永久なの?生活習慣によって毛深くなる!?

自分でするムダ毛の処理は、きれいにできなかったり肌トラブルが起きたりとなかな...

おでこのしわの原因と予防!口元、目元のしわ予防に効く食べ物とは?1日メイク落としを怠ると...

前髪で隠してしまうことも出来るけれど、やっぱり顔の中で一番面積の広い部分なの...


「尿素」って乾燥肌にいいの?それとも悪いの?保水成分セラミドは化粧品でとるのが正解?下着かゆみはどうすればいいの?

  「乾燥が気になる肌や、からだの皮膚のケアには尿素配合のクリームが良い」...

毛穴を引き締める食事、小さくするケアとは?撃退!ワキの黒ずみ!夏に毛穴が目立つ理由は?

毛穴はスキンケアだけでなく、食事でも効果があることを知っていますか?  ...

カラダノートひろば

美肌・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る