カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 敏感肌 >
  5. 敏感肌の方必見!悪化を防ぐために気をつけるべきポイント3つ

美容・ダイエット

敏感肌の方必見!悪化を防ぐために気をつけるべきポイント3つ

 

敏感肌にはとにかく刺激を与えないこと

 

 

敏感肌に悩んでいる人は多いと思います。特に乳幼児などはちょっとした刺激でも肌に影響が出てしまい、皮膚科に通いつめている親子も多いのではないでしょうか?

 

敏感肌とは文字通り何に対しても敏感な肌であるということです。ですからとにかく肌への刺激を最小限に抑えてあげることが大切なのです。

敏感肌の場合ちょっとした刺激でも肌が赤くなったりかゆくなったり、ちょっとかいただけでも皮膚がただれてしまったりとケアが大変難しいです。

 

基本中の基本である肌に刺激を与えないということを徹底させて、少しでも肌の状態がひどくならないよう事前に防いで上げることが大切なのです。

 

衣類

刺激のある衣類を避ける

ゴワゴワ、チクチクするような生地の服は着ないようにしましょう。特に肌に直接ふれる肌着は綿100%のものを選ぶようにしましょう。衣類の中についているタグなどは全て取り除き、肌に触れる刺激を最小限に抑えてあげましょう。

 

シャンプーやボディソープ

弱酸性・低刺激の製品を使う

シャンプーやコンディショナー、ボディソープなどは弱酸性や低刺激のものを使用するようにしましょう。敏感肌の人はこれらの製品が肌に合う合わないがはっきりしてしまいます。刺激の少ない製品を選ぶようし、洗い残しがないようにしましょう。シャンプーやボディソープを使った後は皮膚に石鹸かすが残らないように十分にすすいで落としてあげることも必要です。

 

外からの刺激を防ぐための保湿

皮膚は衣類や製品からの刺激だけでなく、大気中のホコリや触ったものからの汚れからも刺激を受けてしまいます。それを防ぐためには保湿などのクリームを使用すると良いでしょう。もちろん保湿剤も低刺激のものを選ぶように気をつけましょう。

 

皮膚に与える刺激を最小限に抑えてあげるように工夫し、敏感肌を悪化させないよう事前に防げるようにしましょう。 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/201342photo232post-3175.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

敏感肌に関する記事

美肌への近道~意外な敏感肌の原因!身の回りのこんなものが原因だった!?

美しい肌を保ちたいので、高機能な化粧品を使いたいけれど、敏感肌なので、何も使...

皮膚は内臓の鏡!敏感肌は食事で治せる?

  ちょっとした刺激ですぐに赤くなったり、かゆみが出たりとやっかいな敏感肌。 ...


植物性、無添加、敏感肌用は本当にいいの?敏感肌のスキンケア

  ちょっとした刺激で赤みやかゆみ、ピリピリ感の現れる肌。そんな敏感肌はど...

脂漏性皮膚炎が原因?「赤ら顔」改善は生活習慣の見直しが大事

■肌への刺激は避けて、生活習慣の改善を鼻の周りや額が赤くなり、カサカサしたりかゆ...

カラダノートひろば

敏感肌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る