カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 食事療法 >
  6. うつ病と添加物の多い食品 気をつけなければならない食習慣

メンタル

うつ病と添加物の多い食品 気をつけなければならない食習慣

 

うつ病は、投薬休養によって治療する病気ですが、なかなか改善しないと悩んでいませんか?

 

実はうつ病の中で、普段私たちが常に口にする食べ物によってうつがひどくなっている事もあります。うつ病で気をつけなければならない食習慣についてお話します。 

 

害のある添加物は健康であっても控えよう

 

うつ病に限らず、癌や糖尿病など全ての病気に共通する悪い食品、それは『添加物の多く使用された食品』です。


添加物といっても様々な成分があり、安全なものもあります。

一般的にあまり良くないと言われる食品添加物とは、人工的に作られた添加物です。

食品添加物とは、合成着色料、合成保存料、発色剤、粘着補強剤などが挙げられますが、これらが多く含まれた加工食品ばかり食べていると、癌などの生活習慣病、うつ病を引き起こしやすくなります。

 

栄養の偏りで、何故うつ病が起こり易くなるかというと、セロトニンやドーパミンなどの幸せを感じる物質が脳から作られにくくなるためと言われています。


全てのものが悪いという訳ではありませんが、私たちの周囲には体に悪い添加物がいっぱい溢れています。


中でも代表的な物です。

・コンビニ食
・ファーストフード
・市販のお菓子
・清涼飲料水

 

中には大丈夫なものもありますが、一般的には毎日食べると体にはよくありません。
この食品には何が入っているのかという、疑問を持つことが大事です。
しかしうつ病になると、そのようなことにまで関心がいかなくなります。
まずは、自分の周囲の人に協力してもらうことが大事です。

家族にうつ病がいるという方は、まず食生活を見直してあげてください。

そして、今うつ病でない方も、このような食生活を改める必要がありますよ。


 

(Photo by: //sozaing.com/photo/%e3%81%8a%e5%bc%81%e5%bd%93.html)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事療法に関する記事

うつ病と血糖値の意外な関係とは?

  うつ病で悩んでいる方、うつ病と血糖値に密接な関係があることをご存知でし...

セロトニンのために気をつけたい食事に関する4つのポイント

  食事に関しても、セロトニン活性化のために気をつけたいポイントがいくつかあり...


バナナとヨーグルトでセロトニンをたっぷり摂ろう♪

    セロトニンは脳で働く神経伝達物質ですが、実はそのほとんどが小腸で作ら...

うつ病の食事療法~毎日継続することが大切!

  うつ病の治療方法として、食事療法があります。食事療法は薬物治療と併行して行...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る