カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 食事療法 >
  6. うつ病と血糖値の意外な関係とは?

メンタル

うつ病と血糖値の意外な関係とは?

 

うつ病で悩んでいる方、うつ病と血糖値に密接な関係があることをご存知でしたか?
うつ病は心の病、つまり精神的なことによってのみ起こると思われていました。
その要因もありますが、実は陰には血糖値の存在があることがわかってきました。

 

血糖値の働きとうつ病

 

通常、血液中にあるブドウ糖はインスリンの働きを使って体に取り込み、エネルギーとなります。しかし糖尿病患者または血糖値が高い方は、インスリンの働きが悪く、ブドウ糖を体に取り込めなくなってしまいます。すると脳内でもブドウ糖が吸収されなため、神経を伝達させる働きが悪くなり、うつ病の症状が起こると考えられています。

実際糖尿病患者がうつ病になるリスクは、通常の3倍程度で、同様にうつ病患者が糖尿病になるリスクも3倍程度です。


それだけ、糖尿病とうつ病は密接に関係しています。


血糖値がうつ病リスクを高めていると言っても過言ではありません。糖尿病患者には、うつ病が多いのも納得です。

では血糖値をコントロールするためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

血糖値をコントロールするのはネバネバ食材


何故ネバネバが良いのでしょうか?
実はネバネバしていると、胃に入った食べ物の消化のスピードや腸へと流れるスピードが格段に遅くなるからです。
そのため、血糖値の上昇が緩やかになり、ブドウ糖を取り込みやすくなります。
すると、うつの症状が緩和されます。

 

中でも、うつ病に効果的なアミノ酸が多く含まれた納豆が効果的です。
他にも、山芋やオクラ、里芋もいいですね。

うつ病の方が糖尿病を発症したら、すぐに治療を開始しましょう。
また、糖尿病の方は、糖尿病の治療をしっかり行い、うつ病にならないようにしましょう。

 

あなたはミネラル不足にはなっていないですか?

 

糖尿病の人はミネラル不足の人が多いです。

ミネラルは野菜や五穀米などを摂ることで解消できます。

特に玉ねぎやバナナにはミネラルが多く効果的です。

 

うつ病になったら、またはうつ病の家族がいたら、今までの食事を見直してみませんか?

実は、血糖値の異常が見られるかもしれません。

糖尿病などの病気は、投薬と食事療法が基本です。生活習慣を見直してみましょう。 

 

 

(Photo by: //sozaing.com/photo/%e7%b4%8d%e8%b1%86.html)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事療法に関する記事

バナナとヨーグルトでセロトニンをたっぷり摂ろう♪

    セロトニンは脳で働く神経伝達物質ですが、実はそのほとんどが小腸で作ら...

セロトニンのために気をつけたい食事に関する4つのポイント

  食事に関しても、セロトニン活性化のために気をつけたいポイントがいくつかあり...


うつ病と添加物の多い食品 気をつけなければならない食習慣

  うつ病は、投薬と休養によって治療する病気ですが、なかなか改善しないと悩んでい...

うつ病の食事療法~毎日継続することが大切!

  うつ病の治療方法として、食事療法があります。食事療法は薬物治療と併行して行...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る