カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 群発頭痛 >
  4. 『眼をえぐられるような痛み』を伴う、群発性頭痛の実際と治療法

頭痛

『眼をえぐられるような痛み』を伴う、群発性頭痛の実際と治療法

群発性頭痛とはどんな病気か?

群発性頭痛という病気をご存知でしょうか?

この病気は、主に内頚動脈(心臓から脳へ上行し、眼にも枝分かれし栄養している)に拡張や炎症が生じることが原因で、「釘で眼の奥を打たれるような、陣痛にも匹敵するような、くも膜下出血と間違うほどの」と表現されるほどの眼の周辺に激しい痛み症状が出現する病気です。

 

この病気を患っている患者さんが書かれていたブログを拝見させて頂くと、発作が始まった際はじっと寝ていられず「壁に頭を打ち付けずにはいられないほど」の激しい痛みで夜中じゅうのた打ち回り、この症状が数週間~数ヶ月に渡って毎日数回続く、と言うことを述べられていました。「頭痛」という病名や明らかな身体障害が無いことから、職場や学校などでは病気の深刻さに対して周囲の理解を得られず、また完治は現在のところ出来ないとされていますが、出来る病気であるという誤解に困難さを感じる患者さんも多いと聞きます。ここでは、この群発性頭痛に関する正しい理解を広めるための情報についてご説明してきたいと思います。

 

群発性頭痛はどれくらいの発症率か?

群発性頭痛は一般的な頭痛と比べると、非常に稀ともいえる発症率で、約10万人に10人が発症すると言われています。病院で診断を受ける際も、医師に群発性頭痛に関する認知が低い場合があり、正確な診断名が付くまでに数年以上の期間がかかった例もあるようです。

発症する年齢は主に20代と言われており、年齢を追うごとに再発する周期が長くなると言われています(20代では、通常半年~2年⇒40代では、3年~5年程度と長くなる)。

 

発症の原因とは何か?

群発性頭痛についてあまり研究が進んでいない以前では、発症原因は不明とされていたようですが、現在では「内頚動脈」が何らかの原因で拡張したり、血管壁が浮腫などを起こすことによって、その周囲の交感神経が圧迫されて痛みを生じ、またホルネル症候群(瞳孔収縮、眼瞼下垂)と言われる症状も生じるとされています。また、遺伝的要素も関係している場合があると言われており、家族内に群発性頭痛の方がいる場合は、通常より約5~18倍の確率で発症率が上昇する言われています。

その他の原因には、アルコールや喫煙も深く関係していると言われているので、発作の予兆がある場合には、これらの摂取を控えることが必要です。

 

具体的な症状について

具体的な症状の起こり方については、以下のものであるとされています。

 

◆痛みの生じる部位

片側の眼、眼の上、こめかみの周辺に生じる。

 

◆痛みの程度

痛みの表現として、「目玉をえぐり取られるような」「アイロンを眼の奥に突っ込まれているような」「頭を抱えて転げ回るほどの強さ」「痛みが酷いときは紛らわすため、頭をハンマーで叩き血だらけになった事もある」などの激痛であると言われている。

 

◆1日の発症回数

1回~8回程度(持続時間15分~3時間)

 

◆痛みの生じる時間帯

主に就寝後の夜間~早朝にかけて起こることが多い。

 

◆その他の随伴症状

眼の充血、流涙、鼻汁、鼻閉、瞳孔収縮、眼瞼下垂、胃潰瘍など。

 

治療法について

治療法には、発作が起こった際の治療法と、予防的療法の2種類があります。

 

◆発作が起こった際の治療法

1)スマトリプタン(皮下注射薬・点鼻薬)

血管収縮作用があり、群発頭痛(発作時)の第一選択薬である。(※但し、狭心症、心筋梗塞や末梢血管障害のある方には使用不可。)

2)酸素吸入

通常7リットル以上の吸入により効果が認められています。(※保険適用外)

 

◆発作の予防的療法

1)エルゴタミン製剤

就寝前など頭痛が起こる前に服用すると有効とされていますが、効果は限定的であるようです。

2)カルシウム拮抗薬(ベラパミル)

予防的療法の中では最も効果的であるとされています。

3)副腎皮質ステロイドホルモン

4)抗てんかん薬

5)抗うつ薬

 

◆その他の予防薬

鼻炎薬(リドカインが含有されているものに限る。)

※一般的に治療薬として認められていませんが、患者さんが考案された療法で、局所麻酔効果があります。スマトリプタンと併用すると非常に効果的であるとされています。

 

最後に

この病気の患者さんが書かれていたブログの中で、次のような一文が書かれていたのが非常に印象的でした。

 

「頭痛という病名である限り、周囲から大変な病気だという理解を得ることが難しいと分かったので、そのような期待は捨てて、自分に最善と思える方法で治療することだけを考える。」

 

現在では、上記のような薬物や酸素吸引などによるいくつか有効とされている治療法がありますが、これらを全て試しても、痛みが治まらないので、過ぎ去るまで耐えるしかない、という患者さんも多くおられます。この病気に限らず、多くの目に見えない病気に悩む患者さんがよく話されることが、「周囲の理解があれば病気の辛さが軽減される」といった事です。もし、この記事をご拝読頂けたら、出来るだけご家族やどなたかにこの病気について話し合って頂き、今よりもっと患者さんの理解が得られるような環境を作っていくことが出来ればと思います。

 

群発性頭痛の治療薬には、スマトリプタンと鼻炎薬が有効?!

群発性頭痛とはどんな病気か?

群発性頭痛という病気をご存知でしょうか?この病気は、内頚動脈の拡張や浮腫などが原因で、周囲の交感神経に圧迫が起こり、眼の奥やその周辺の部位に激しい痛みが生じるという病気です。

 

頭痛という病名から、軽い病気である、鎮痛薬を飲めば治まるのでは、ということが考えられますが、この病気の痛みは「眼を刃物でえぐられるような、くも膜下出血と間違えるほどの」激しい痛みだとされ、発作が起こると15分~3時間の1日数回、数ヶ月毎日この症状が続く、という患者さんにとって非常に苦痛で困難な病気であると言えます。

 

この病気には、現在根本的な治療法が無いとされていますが、対症療法として、いくつか有効であるとされている療法があります。ここでは、一般的に行われている治療法から、患者さんが独自で考案された(安全性は高いものとされています)療法までをご紹介していきたいと思います。

 

群発性頭痛の治療法は大きく分けて2種類

群発性頭痛の発作が生じた際に、通常行われている治療法は大きく分けると2種類あり、「発作時の痛みを改善する治療」と、「発作を起こりにくくする予防的治療」があります。

 

◆発作時の痛みを改善する治療法

1)スマトリプタン(皮下注射薬・点鼻薬)

血管収縮作用のある薬で、群発性頭痛(発作時)の第一選択薬とされています。(※但し、狭心症、心筋梗塞や末梢血管障害のある方には使用不可。)

 

2)酸素吸入

通常7リットル以上の吸入により効果が認められています。(※保険適用外)

 

◆発作を起こりにくくする予防的治療

1)エルゴタミン製剤

就寝前など頭痛が起こる前に服用すると有効とされていますが、効果は限定的であるようです。

 

2)カルシウム拮抗薬(ベラパミル)

 

3)副腎皮質ステロイドホルモン

 

4)抗てんかん薬

 

5)抗うつ薬

 

◆その他の予防薬

鼻炎薬(リドカインが含有されているに限る。)

局所麻酔薬としての使用。

 

発作時の痛みを改善する治療法の詳細

発作時の治療薬には、上記で述べたように、1)スマトリプタン(皮下注射薬・点鼻薬)2)酸素吸入があります。

 

1)スマトリプタン

痛みの原因である血管拡張を抑制する作用があります。スマトリプタンには2種類の<皮下注射薬と点鼻薬>がありますが、群発性頭痛としては皮下注射薬のみが保険適用となっています。

⇒皮下注射薬は病院で受けるほか、「イミグラン自己注射キット」という自分で注射を行えるキットの処方も受けることが出来ます。

⇒点鼻薬に関しては、偏頭痛の病名で処方を受ける(過去には発頭痛は偏頭痛の一種であったので)ことで、保険適用を受けることが出来ます。

 

2)酸素吸入

酸素吸入は、純酸素を毎分「7リットル以上」吸入すると症状が治まると言われており、通常は病院で酸素吸入を行いますが、緊急の場合に備えて自宅に酸素ボンベを常備する場合もあるようです。

また、携帯用酸素ボンベでは5分程度でなくなってしまうので(通常10分~1時間の吸引が必要)、携帯用は効果が無いとされています。

 

発作を起こりにくくする予防的治療の詳細

予防的治療法には、主に1)エルゴタミン製剤 2)カルシウム拮抗薬(ベラパミル) 3)副腎皮質ステロイドホルモン があります。

 

1)エルゴタミン製剤

一般的には、エルゴタミン製剤が就寝前に服用すると有効とされている場合もありますが、実際においては、あまり効果的でないとされている場合も多いようです。

 

2)カルシウム拮抗薬(ベラパミル)

ベラパミルは元々狭心症の薬ですが、これらの予防薬の中では、最も有効であるとされています。

 

特筆すべき予防法

一般的には治療薬とされていませんが、患者さんの方がブログ内にて紹介されていた療法で、一般市販薬の鼻炎薬に含まれる「リドカイン」成分が局所麻酔の作用を示し、群発頭痛の症状を抑える効果が見られたようです。

(※鼻炎薬の薬効としては、『アレルギー性鼻炎、急性鼻炎または副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:鼻水、鼻づまり、くしゃみ、頭重』の治療薬として使用されます。)

 

<ある市販鼻炎薬の内容成分例>

◇抗ヒスタミン剤 マレイン酸クロルフェニラミン : 5mg

◇血管収縮剤 塩酸テトラヒドロゾリン : 1mg

◇殺菌剤 塩化ベンゼトニウム : 0.2mg

◇局所麻酔剤 リドカイン : 5mg(0.5%)

 

上記のようにリドカインが含有されたものを選ぶと良いようです。この方法を試された患者さんの多くが、潮が引くように痛みが消え、非常に有効であったとの声が多数ありました。イミグラン剤と併用されるとより効果的であるようです。

 

市販薬であるので、成分の濃度は低く安全であると思われますが、使用の際には薬剤師や医師に相談することが勧められています。

 

群発性頭痛の痛みを予防する方法として、上記に加え、摂取を避けることで痛みの誘発を防ぐものに「飲酒・喫煙」が関係していると言われていますので、症状が出ている間は摂取を控えることが大切です。

 

また、ニトログリセリン(狭心症薬)は血管を拡張させる作用があり、痛みを誘発すると言われていますので、服用されている場合は別の治療薬への変更を希望するなど、医師に相談されることが必要になります。

 

群発頭痛への酸素療法はいくらかかる?

群発頭痛の発作が起きた時の対処法の一つに、高濃度の酸素を吸入するという方法があります。

7-8L/分の流量で吸入すると約15分で痛みが軽減してきます。

 

酸素の調達方法

まずは病院へ行き処方箋をもらってから医療用酸素会社へ配達を依頼します。

 

酸素濃縮機の値段

業者によって様々で20~80万円ほどすると言われています。

また業者によってはリーズのみでの取り扱いとなる場合もあるので事前に十分な確認が必要です。

 

携帯用酸素ボンベ

外出の時に持ち運べるような比較的小さな酸素ボンベもあります。頭痛発作の頻度によってはこちらで十分な方もいます。

 

酸素療法のデメリット

酸素療法を毎日使用すると慣れてしまい、効果が表れが遅くなる、吸入する時間が長くなる、といった患者さんもいるようです。

 

酸素の質

○流量が7L/ 分以上であることを確認します。これ以下だと効果が見られない事があります。

○マスクは口も鼻も覆えるものを用意します。鼻だけのマスクでは酸素濃度が低下してしまう可能性があります。

 

注意点

○酸素自体には燃える性質はありませんが支燃性があるので火器には注意が必要です。

○ボンベ内は高圧になっているので、急激なバルブの開放や衝撃には要注意です。

 

まとめ

医療用酸素と言っても様々な使い道があります。

必ず医療用酸素会社へは群発頭痛発作の為だと言う事を説明して、自分の症状に合ったものを選択、もしくは医師と相談しましょう。

 

群発頭痛にかかる人はどれくらいいるの?

死ぬほど痛いとも言われる群発頭痛は、できることならかかりたくはありません。

群発頭痛にかかっている人がどれくらいいるのかを見ていきます。

 

群発頭痛にかかる人はどれくらいいるの?

群発頭痛は人口の1%がかかると言われている頭痛です。

片頭痛や緊張性頭痛は3人に1人がかかる病気ですので、群発頭痛と片頭痛・緊張性頭痛では罹患する可能性が圧倒的に違うことがわかると思います。

 

遺伝との関連性がある程度指摘されており、親が群発頭痛持ちの場合は群発頭痛が遺伝する可能性もあります。

どのような遺伝子が群発頭痛の遺伝とかかわっているかということはまだわかっていません。

 

群発頭痛にかかりやすい人っているの?

群発頭痛は発症年齢が割と若い病気として知られています。

20歳から40歳で発症する方がほとんどで、50歳以降で群発頭痛を急に発症するということは少ないです。

 

50歳以降で群発頭痛のような激しい痛みを感じたら、二次性頭痛の可能性が高いです。

背後にくも膜下出血や脳腫瘍が隠れているタイプの頭痛です。

女性と男性なら、男性の方が群発頭痛の患者が多いです。

 

群発期と誘発

基本的には、群発頭痛は群発期が来ると毎日頭痛が起きるという病気です。

ですが、群発期が来ていなくても誘発因子があれば群発頭痛が起きる可能性もあります。

例えばヒスタミンやニトログリセリンは群発頭痛の誘発因子として知られています。

群発期が訪れる頻度は人によって違います。

 

これって片頭痛?目の奥の痛みと群発頭痛の関係

私たちが日常で経験する、いわゆる慢性頭痛は主に3種類あります。頭痛持ちの頭痛として知られる片頭痛、最も発生割合の多い緊張型頭痛、そして最も発生頻度が低く、最も痛みが激しい群発頭痛です。このうち目の痛みをともなう頭痛は群発頭痛で、片側のみの目の奥が激しく痛むという特徴があります。

 

◆群発頭痛について

群発頭痛は片頭痛に比べると発生頻度も低く、一般的にあまり知られていない頭痛です。しかしその痛みは何もすることができないほど激しく、一年の内のある時期に一定の期間(数ヶ月続く場合も)群発します。目の奥、頭部周辺が激しく痛み、充血、涙、鼻水、鼻づまりなどを併発するのが特徴です。以下は国際頭痛学会による群発頭痛の診断基準です。

 

群発頭痛の診断基準(国際頭痛分類第2版)

A. B~D を満たす発作が5 回以上ある

B. 未治療で一側性の重度~極めて重度の頭痛が、眼窩部、眼窩上部または側頭部のいずれか1 つ以上の部位に、15~180 分間持続する

C. 頭痛と同側に少なくとも以下の1 項目を伴う

   1.結膜充血または流涙(あるいはその両方)

   2.鼻閉または鼻漏(あるいはその両方)

   3.眼瞼浮腫

   4.前頭部および顔面の発汗

   5.縮瞳または眼瞼下垂(あるいはその両方)

   6.落ち着きがない、あるいは興奮した様子

D. 発作頻度は1 回/2 日~8 回/日である

E. その他の疾患によらない

(出典:日本頭痛学会[http://www.jhsnet.org/ippan_zutu_kaisetu_04.html])

 

◆群発頭痛発生のメカニズム

直接の痛みの原因は片頭痛と同じく血管の拡張によるものですが、群発頭痛の発生メカニズムはまだわかっていません。 しかし、夜勤や夜更かし、食事を抜くなどの生活リズムの乱れにより、体内リズムを司る脳の視床下部にある視交叉上核に異常をきたすことが原因と考えられています。20代~30代の男性に起こりやすいと言われてきましたが、昨今では徐々に女性の患者数も増えつつあるそうです。

 

群発頭痛を自分でコントロールするのはとても大変です。日常生活に大きな支障をきたしますので、専門医にかかり群発頭痛が起こる前に未然に防ぐような予防治療が重要と言えるでしょう。

(photo by:http://pixabay.com/ja/%E5%8D%98%E7%8B%AC-%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88-%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85-%E8%A7%A3%E9%87%88-%E5%8A%87%E7%9A%84%E3%81%A7%E3%81%99-%E9%97%87-96856/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-19掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

群発頭痛に関する記事

鼻水が止まらない、嘔吐や肩こりは「群発頭痛」の症状の一つ!

群発性頭痛の発作時には、鼻水が止まらなくなるケースがよくあります。 頭痛と...

群発頭痛に効くツボ!発作が起きたときの対処法とは?自己注射をしなくてすむ方法!

群発頭痛の対処には、薬物治療、日常生活に注意するなどの方法があります。そして...


群発頭痛の特徴的な症状とは?群発期はいつ?

頭痛がひどく、特に「どちらか片方の目の周囲や、目の奥、こめかみあたりが、えぐ...

カラダノートひろば

群発頭痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る