カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 双極性障害(躁うつ病) >
  4. 症状 >
  5. うつ病とは違う!躁うつ病ってどんな病気?

メンタル

うつ病とは違う!躁うつ病ってどんな病気?

 

躁うつ病とは、うつ病とは違い、気分障害という病気の一つです。
躁うつ病の意味は、気分が高まるハイの部分と、気分が沈むローを繰り返すことです。
別名、双極性障害と呼びます。

 

誰しもが、気分の浮き沈みと言うのを経験したことがあると思います。

しかし、躁うつ病の人は、私たちが経験したことある、気まぐれ程度の感情の揺れよりも、もっと感情の揺れ幅が大きいのです。

 

ハイの時は、調子がよいと錯覚してしまうため、自分を病気だと認められないという状態になります。気分が良いだけなら良いのですが、ハイの状態から、一気にうつになった時の心の変化が大変です。
ローの時は、自己嫌悪、悪い妄想、悲観的になったりします。
ハイから一気にローになることで、気分の振り幅が大きくなり、自殺願望が湧いてきたするため、とても怖い症状です。

 

この病気は、ストレスなどが主な原因ではありませんが、ストレスがきっかけとなり、脳内の神経異常によって引き起こされます。

そして、躁うつ病がうつ病と大きく違うところは治療法です。
うつ病は休暇や薬、生活環境で治療を行いますが、躁うつ病は薬物治療が一般的です。

 

脳内の神経異常は何故起こる?

 

脳内の神経異常には遺伝的要素が大きく関わっています。
この病気の親から生まれた子供がこの病気を発病する割合は、2~10%くらいです。
糖尿病の遺伝と同等レベルですので、比較的低い方だと思います。
しかし、ストレスなどの環境要因が加わると発症率はグンと上がります。

 

躁うつ病の完治
 
躁うつ病は、状態が安定していれば普通の人と変わりません。ひどい時は、薬を飲み安定を目指します。安定していれば、投薬なしで普通の生活を送ることが出来ます。
ただし再発する可能性が高い場合は予防薬を飲みます。


安定した期間を寛解といいますが、うつ病は再発する可能性が高く、完治することが難しいため、根気のいる治療となります。

 


 

(Photo by:
//www.ashinari.com/2009/09/30-028630.php?category=53)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

自信過剰と誇大思考…うつ病と真逆?意外と知られていない躁病とは?

うつ病はテレビやニュースなどでも取り上げられて良く知られていますが、躁病(そ...

躁うつ病の種類~双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害

うつ病と勘違いされがちですが、躁うつ病はうつ病とは違います。躁…気分が高揚し...


あなたの身近なあの人、躁うつ病ではありませんか?

  躁うつ病とは、双極性障害と呼ばれます。躁うつ病は、気分がいい(ハイ)の...

うつ病とは異なる、躁うつ病(双極性障害)

■双極性障害とは双極性障害は、「躁(そう)状態」と「うつ状態」をくりかえす病気...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る