カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 双極性障害(躁うつ病) >
  4. 症状 >
  5. 躁うつ病の種類~双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害

メンタル

躁うつ病の種類~双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害

うつ病と勘違いされがちですが、躁うつ病はうつ病とは違います。
躁…気分が高揚した状態(ハイの状態)

うつ…気分が落ち込むなどのうつの状態(ローの状態)


これらのハイとローを繰り返すが特徴です。
実際ローの部分の方が、症状として目立ちやすいので、うつ病と勘違いされがちです。

具体的にハイの状態では、落ち着きがない・派手になる・話好きになるなど、元々の性格がガラっと変わる方もいます。
そして、ローの状態になると、ハイの時とは打って変わって、しゃべらなくなる・意欲がなくなるなど、生き生きした姿が見られなくないます。
そのハイとローの程度によって、躁うつ病は大きく二つに分けられます。


双極Ⅰ型障害


重い状態の躁うつを繰り返します。
この躁うつ病は、躁とうつの境目がはっきり出るため、診断がつきやすいのが特徴です。
周囲の人も、異常を感じる程の躁の状態が特徴的です。

そのため、うつ病との区別がつきやすく、躁うつ病は早期発見と治療ができます。


双極Ⅱ型障害


軽い躁の状態うつを繰り返します。
軽い躁のため、うつの状態が目立ってしまい、躁の状態を見逃してしまいがちです。
そのため、うつ病との診断がつきにくいのが特徴です。

躁うつは二つに分けられていますが、実際うつから始まることが多いようです。
そして躁うつは、遺伝的要素・環境要素・性格の要素から発病します。
躁うつ(またはうつ)は、薬物治療・環境の改善・周囲の協力を元に治療を行わなければなりません。

 

躁うつ病は、躁からうつに転じるタイミングが危険です。
死亡率が高い躁うつ病は、早期発見早期治療を行わなければなりません。

 

 

 

(Photo by: //kids.wanpug.com/top_person.html)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

自信過剰と誇大思考…うつ病と真逆?意外と知られていない躁病とは?

うつ病はテレビやニュースなどでも取り上げられて良く知られていますが、躁病(そ...

うつ病とは異なる、躁うつ病(双極性障害)

■双極性障害とは双極性障害は、「躁(そう)状態」と「うつ状態」をくりかえす病気...


うつ病とは違う!躁うつ病ってどんな病気?

  躁うつ病とは、うつ病とは違い、気分障害という病気の一つです。躁うつ病の意味...

あなたの身近なあの人、躁うつ病ではありませんか?

  躁うつ病とは、双極性障害と呼ばれます。躁うつ病は、気分がいい(ハイ)の...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る