カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 双極性障害(躁うつ病) >
  4. 原因 >
  5. 躁うつ病の原因とは?脳の神経伝達物質の異常?遺伝?性格?

メンタル

躁うつ病の原因とは?脳の神経伝達物質の異常?遺伝?性格?

 

躁うつ病とは、日本人にも多いうつ病の一つです。しかしうつ病とは違った特徴があります。
躁である、気分の良い状態(興奮や、ハイな状態)と、うつである、気分が沈んだ状態(ローの状態)が交互に現れます。

実は躁うつ病は、躁とうつの差が極端に違うため、自殺で亡くなる人がとても多いのが特徴です。

 

躁うつ病の原因とは?

 

・脳の神経伝達物質の異常

うつの状態では、神経伝達物質が減少し、躁では増加してると言われています。
つまり脳内の神経伝達物質に指令を出す場所に何らかの異常があると考えられています。
躁うつ病になると、統合失調症患者に似た脳の異常が確認できます。

 

・遺伝

躁うつ病の親から生まれた子供の発病率は、躁うつ病でない親から産まれた子供が躁うつ病を発病するよりも、8~10倍と言われています。
病気になりやすい遺伝であり、必ずしも発病するとは限りません。
遺伝と他の要因が複合的になることで発病します。

 

・性格

躁うつ病を発病する人は、社交的な人が多いようです。
行動的な一面も見られますが、時として、些細なことで落ち込むという性格でもあります。
また、体型は肥満の人に多くみられます。

 

うつ病、躁うつ病を起こしやすい性格

 

・まじめ
・しっかりできない自分が嫌だ
・さみしがり屋
・楽観的ではない など

以上のような性格の方は、うつ病、躁うつ病を起こしやすい性格だそうです。

 

・社会的要因

就職や転職、退職など職場環境が急激に変わることで起きる現代人が多いです。
また、出産や引っ越し、結婚、家族や友人との死別など、今までの生活と全く違う生活を送る起点で起こす人も多いようです。
 

・身体的要因


病気によって手術を行った後や、疲労、睡眠不足などが挙げられます。
疲労や睡眠不足は、脳内の神経伝達がうまくいかないことで起こり易くなります。


躁うつ病は、これらの要因が複合的になることで発症するため、治療も複雑化します。
まずは、薬物治療を中心に行い、病院でのカウンセリングや生活環境の改善を行いましょう。

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/05/02-018593.php?category=53)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

躁うつ病を引き起こす原因の一つ、「脳の異常」

  躁うつ病とは?   「躁うつ病」という病気はとは、双極性障害とも呼...

躁うつ病の原因は遺伝が大きい

  躁うつ病はうつ病とは異なり、躁状態(気分が高揚している状態)とうつ状態(気...


躁うつ病になりやすい性格と体型

  躁うつ病の決定的な原因は未だわかっていません。遺伝子や環境、脳内の伝達物質...

セロトニン減少によって起こる躁うつ病

  躁うつ病は、生活リズムの乱れやストレスが誘因となり発病することがよくありま...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る