カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自律神経失調症 >
  4. 原因 >
  5. 自律神経失調症は女性に多い?女性ホルモンと自律神経失調症の関係

メンタル

自律神経失調症は女性に多い?女性ホルモンと自律神経失調症の関係

 

自律神経失調症は、男性より女性に多い病気です。
そもそも自律神経とは、心臓を動かしたり汗をかいたりする体の機能をコントロールする神経です。

自律神経は二つに分けられ、活動的する神経である『交感神経と、休む神経である『副交感神経』があります。

この二つの神経を調整することで、体を正常に動かすことができます。
自律神経失調症では、これら二つの神経をうまく調整できないために起こる病気です。

症状としては不眠、めまい、動機、頭痛、吐き気、体の痛みなどが起こりますが、検査をしても異常がみられません。

 

自律神経失調症は女性に多い?

 

女性は、女性ホルモンのバランスによって、自律神経のバランスが崩れます。
さらに女性は毎月の生理・妊娠や出産、更年期などで女性ホルモンが変化し続けます。

脳には、交感神経と副交感神経の「自律神経」をコントロールする視床下部があります。
そしてその下には、ホルモンの分泌を司る脳下垂体があります。
自律神経をコントロールする視床下部が、ホルモンの影響を受けることもあるので、女性は自律神経失調症になりやすいと言われています。

つまり、女性ホルモンが変化すると、それにつられて自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

特に女性ホルモンが大きく変化する時期は、思春期・出産や妊娠・更年期などです。


特に気をつけたい更年期


更年期の女性は、女性ホルモンの分泌量のピークを超え、分泌量が増えたり減ったりと不安定な状態になります。そしてその後は、女性ホルモンは閉経に向けて減少します。

更年期障害が起こるのはこのホルモンの影響と自律神経です。
更年期障害の女性は、自律神経失調症などの精神的な病にかかりやすいと言われています。
ちょっと変だなと感じたら放っておかず、医師へ相談してみましょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/05/02-018593.php?category=53)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

不眠症の原因って何?入眠障害は自律神経に異常があるから起こる?!

不眠症に悩む人の中には、自律神経系に問題を抱えている人もいます。   ●自律神...

自律神経失調症の原因と治療法

  自律神経失調症の原因は、精神的なストレスにより生活リズムが乱れ、自律神経の...


どうして自律神経はバランスを崩してしまうの?体の声には耳を傾けよう

季節が変わって気温が変化しても、多くの人はその環境の変化に左右されないで生きて...

自律神経失調症は生活習慣病に近い

  人の意識から離れた機能を司る自律神経が乱れることによって発症する自律神経失...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る