カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自閉症 >
  4. 接し方 >
  5. 自閉症の子供たちへの対応方法

メンタル

自閉症の子供たちへの対応方法

 

自閉症の子たちは、普通に生活することができます。

学校や遊び、それらは自閉症の子たちにとっても素晴らしい経験となるでしょう。

しかし、自閉症の子たちには特有の症状があります。それらの症状を理解した上で接するように心掛けましょう。

 

●表情が読めない


自閉症の子たちは、表情から相手の気持ちを考えたり察知することが苦手です。
そのため、怒っているのに分かってくれないということが多くみられます。
怒っていることを表情で分かってくれないのなら、じっくり冷静に言葉で伝えることが必要です。
注意しなくてはならないのが、大きな声を出して、感情的に話さないことです。
大きな声を出したりすると、自閉症の子たちはパニックを起こしてしまったりします。

 

●記憶力が良い


自閉症の子たちは素晴らしい記憶力を持っています。内に秘める才能は無限大です。
たくさん褒めてあげて下さい

 

 

●言われたことを忠実に守る


自閉症の子ども達は、ルールを忠実に守ります
そのため、まわりがその場しのぎで言ったことを必死で守ろうとします
例えば、朝立てたスケジュールが時間の都合で変更しなければならなくなったとします。
しかし自閉症の子は、雨が降ろうが雪が降ろうがそのスケジュールを守ろうとします。

また、自分の中での独自のルールを作ることもあります。


出来ないかもしれないと思ったことは、約束しないようにしなくてはなりません。
そして社会的ルールは、正確に教えなくてはなりません
決してその場しのぎのことを言わないようにしましょう。
 
●飽きずに同じ事をずっと続ける


自閉症の子ども達は、飽きずに同じことをずっと続けられます。
しかも眠らなくても平気なため、永遠と続けてしまうということにもなりかねません。
何か物事を始めたときは、何時に終わろうねという約束をするようにしましょう。
その時に決めたルールが守れないようであれば、パズルは1時間、電車遊びは2時間などと、時間を決めておくのもいいですね。

 

●質問しても答えない


自閉症の子ども達は、私たちの質問に答えるのが苦手または嫌いです。
学校や幼稚園に通っている方は、その旨を先生に伝えておかなければなりません。
しつこく質問することでパニックを起こしてしまいます。
まずは、話しかけから始め、イエス・ノーで答えられる質問などから始めましょう。

 

 

自閉症の子ども達は、好奇心いっぱいです。
その好奇心の芽を摘まないよう、社会や地域、家族が協力して見ていかなければなりません。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/06/10-379033.php?category=10)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

接し方に関する記事

子どもの自閉症~自閉症への人達への接し方

近年日本では、軽度の自閉症は100人に1人いると言われています。障害の中でも、...

自閉症者に寄り添うコミュニケーション方法とは?大事な3つのポイント

    他人の意志をうまく読み取れず、自分の意思をうまく表現できないのが自閉...


自閉症の子とコミュニケーションをとるには?イラストを用いたコミュニケーション方法

    言葉の発達が遅く、人とのコミュニケーションが難しいのが自閉症です。し...

待ちで自閉症者を見かけたときの理解と、3つのポイント

  街中で自閉症児や自閉症だと思われる人に関わる場合、どう接するのが正しい...

カラダノートひろば

接し方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る