カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 適応障害 >
  4. 適応障害の基礎知識 症状と治療法

メンタル

適応障害の基礎知識 症状と治療法

 

WHOではこの適応障害をこのように定めています。

 

「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」

 

現代人はストレスがたまった人が多く、ストレスによって引き起こされる病気はたくさんあります。
中でもこのような適応障害で悩んでいる人は多数います。

適応障害とは、普段の生活が送れない程の不安な気分になります。その状態は、私たちが普段経験するより明らかに正常ではないほどのレベルです。
適応障害の引き金になるストレスとは、日常的な出来事が主になります。
引っ越しや結婚、出産、転職など、今までの生活や環境がガラっと変わることがストレスとなります。
また、気持ちではストレスとは感じていないという時もあります。

 

そして、この適応障害は、脳や神経機能の異常などは究明されていません。

適応障害になると、このような症状が現れます。

 

症状

・強い苦しみを感じる
・気分が落ち込む
・不安感や焦りが突然現れる
・仕事が続けられなくなる
・攻撃的いなる 
・暴飲暴食
・引きこもり

など、学校へ行けなくなる不登校や職場が合わず、転職を繰り返したりします。

このように不登校や転職を行っていると身勝手な人と思われがちですが、調べてみると実際は適応障害だったということが多いようです。

 

そして、症状が現れていても軽度の場合は病院を受診しないことが多いので、悪化するおそれがあります。

 

治療方法

 

主に薬物療法で治療が行われます。
 
抗不安薬として精神安定剤や抗うつ剤などが使用されます。
そして薬物治療と併行して行わなければならないのが、ストレス因子の除去または軽減を行わなければなりません。
そのためには、家族や周囲の人たちの支えを必要とします。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/09/30-028630.php?category=53)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

適応障害に関する記事

若年層・成人における適応障害の症状 治療方法とは?

精神疾患の一つである適応障害は、日常にある様々なストレスを通じてかかるこころ...

こころの病の一つ、適応障害 ストレス過多にならないよう気をつけて!

適応障害とは 適応障害はこころの病の一つで、ストレスを原因とするこころの病、ス...


適応障害とはどんな病気?

  大人はもちろん、子どもも様々なストレスにさらされている、現代社会。 ...

適応障害の原因とは

  様々なストレスにさらされている、現代社会。 ストレスは、様々な形で体...

カラダノートひろば

適応障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る