カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 社会不安障害 >
  4. 社会不安障害(SAD)になりやすい人とは?

メンタル

社会不安障害(SAD)になりやすい人とは?

不安障害の一つ『社会不安障害』という症状があります。
社会不安障害をSADとも呼ばれており、人前で何かをするという場面において「強い不安」を感じ、社会生活または日常生活を送れなくなる病気です。

具体的にはこのような症状がみられます

 

・会議など人前で発言する
・人前での電話
・初対面での会話
・歌を歌う

 

誰しもこのような場面での緊張や不安はあると思います。
しかしSADの場合は、通常感じる緊張や不安よりもずっと強くまた長期的に起こります。
症状がひどくなると、大した出来事がなくとも、緊張や強い不安を感じることがあります。
緊張や強い不安以外にも、手足の震えや息苦しさ、動悸、発汗することがあります。

 

不安障害になり易い人とは?

 

・自分に対する劣等感が強い
・自分に自信がない
・人前でかく恥に対する心配が強い
・他人が自分をどう思っているのか気になる

・完璧な自分でいたい

 

一般的には、神経質な人に多く見られ、男性よりも女性の方が発症率が高いというデータがあります。 

 

不安障害の治療法

 

不安障害は他の精神病を併発する可能性があります。
不安障害を「病気である」と認識することが治療の近道です。
まずは、早めに専門医の診断を受けましょう。

薬物治療と精神療法が主流です。
精神療法とは、場面に直面したときに感じる不安感を自分自身でコントロールできるように指導をします。

不安を少しずつ解決していくという方法がこの精神療法です。

 

中には不安障害が慢性化してしまう人もいます。

良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、数年間にわたり闘病を続ける方が慢性の不安障害と診断されます。

うつ病やアルコール依存症に陥ることもあり、不安障害は自然治癒に頼るのは非常に危険な心の病として受け止めて欲しいと思います。

 

不安障害は、病気です。
自己判断で放置せず、必ず専門医に相談し、治療をしましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/05/02-018593.php?category=53)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

社会不安障害に関する記事

社会不安障害の基本症状と診断基準

  人前で緊張したり何かを不安に思うこと自体は病気ではありません。 人によっ...

考え次第で健康に近づく?治療は成長であると考えてみよう

  不安や恐怖に悩まされる生活を長く続けていると、つい自分に自信が無くなってい...


よく似た病気と区別のポイント

  同じ心の病気でも、社会不安障害とは異なるものもあります。 また、同じよう...

人前で話せない…「あがり症」これって性格?それとも病気?

  例えば「自分はあがり症である」という自覚があったとしても、それが性格の範疇に...

カラダノートひろば

社会不安障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る